スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンフレットで垣間見る桜田淳子16才のリサイタルの全貌

突然ですが、桜田淳子の16才のリサイタルについて、本気で情報募集します。クイズじゃありません。本気です。

JUNKO_MORITA_02_20140912

桜田淳子16才のリサイタルのパンフレット表紙
JUNKO_16_PANF_20140904_02

パンフレットの中に掲載されている、16才のリサイタルのプログラム
JUNKO_16_PANF_20140904_04

注目の個所 16才のリサイタルのラスト
第七景 声のかれるまで !!

JUNKO_16_PANF_20140904_05
ここで歌われることになっている「新曲(タイトル未定)」って何を歌ったのか、
知ってる人、いますか?
実際に、このリサイタルに行った人じゃないと分からないよね。

「花占い」はもう最初に歌っているし、じゃあ「新曲」って何なの?
「はじめての出来事」以外に考えつかないんだけど。

「はじめての出来事」のプロトタイプみたいな歌を歌ったのなら、
それを聴いた人は、超ラッキーだと思うのですが。

あるいは、何も歌わなかった、という可能性もありますね。

悪いなとは思ったのですが、行きそうな人の情報を調べさせてもらいました。
でも見つけられませんでした。

私のブログでなくて、他のサイトで書いてもらってもかまいません。

私は上の記事を本気で書かなければならないので、
しばらくコメントの受付は禁止にしています。情報募集していながらすみません。

なので、実際に行った人に連絡をとって調べてくれちゃってもいいし、
どんな方法でもいいです。確かな情報が分かったら、
自分のブログでも、Wikiでも、どこでもいいので、書き込んじゃって下さい。
お願いします。(できれば私が後で見られるようにしてね)


やっぱり、こういうのが無いと、みんな見てくれないのかなあ・・・
JUNKO_MORITA_01_20140912
まあ、いいか・・・
とにかく、聴いた話でもいいから、まじめに情報募集中であります。

特別にコメント禁止も解除したので、コメント欄にてお知らせ下さいませ。

この件は、かなり時間がかかりそうな内容なので、ブログのトップにおいて情報募集するのは、やめたいと思います。ノーマルに、最新記事がトップにくるスタイルで、先に進もうと思います。

本来ありがたいものとして受けとめるべきものなのでしょうが、読者の方からいただく「コメント」が増えすぎることをやってしまったことが、大きな失敗だったような気がしています。いろいろと気を使うことが増えすぎてしまった。

誤解が誤解をよんで、収集がつかなくなることも少なくなかった。

なので、このブログも従来のスタイルに戻すつもりです。
今は、桜田淳子さんのことしか書けない雰囲気になってしまったのですが、
私のブログでは、このこと(桜田淳子さんのことだけ書くこと)は、あまり良いことではなかったんです。

桜田淳子さんのことを書くと、反応(コメント)がたくさん来てしまう。
逆に、桜田淳子さんに関係ないことを書き続けていると、
「やめろ」という意味のコメントが来てしまう。

身動きがとれない状態になってしまい、本当に困りました。

※「コメント」はこのブログに残っているものだけを指しているのではありません。私にコメントを送る方法はいくつもあるんです。だから、私だけが読めるコメントもいっぱいあります。したがって、どのコメントを指しているのかを、一般の方が特定することは不可能です。


さて、今後のことですが、どんな内容の記事を書いていくかは、まったくの未定。
どのタイミングで新しい記事を書くかも未定です。

でも世間での評価は気にしないで、自分が面白いな、と思うことを書いていきたいと思います。
管理人だけが見える情報に照らしても、それが一番だと思いますので。


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

花の中三トリオの、楽しい夏休み

季節はすでに夏休み、ということで、
森昌子、桜田淳子、山口百恵ちゃんの中学三年時代の夏休みをテーマに記事を書いてみましょう~

まずは森昌子ちゃんから
AMSAKO_20140721_01

AMSAKO_20140721_02
もとの記事には、
"快走するモーターボートに乗って歓声をあげるマコちゃん。多摩川河口の潮風に赤いマリンハットがいまにもふっ飛びそう。「ウワー! もっとスピードあげていいわよー」と元気いっぱい夏にアタック  『夕顔の雨』も快調!!"
と記されています。

夏らしいアクティブな昌子ちゃんです。帽子といえば桜田淳子さんの帽子好きが有名ですが、昌子ちゃんの「真っ赤なマリンハット」もよく似合ってますね。キャスケット、マリンハット、キャプテン帽。こうした帽子の分類は、本当に微妙で、私の経験から言わせてもらうと「デザインが似ていれば何と呼んでも良い。細かい事にこだわるのは無意味だ」というのが、私の結論です。

なにはともあれモーターボートをぶっ飛ばしてる昌子ちゃん、いいですね~ もちろん運転しているのは別の人だよ。中学三年生の15才、いや昌子ちゃんは10月生まれだから、まだ14才? こんな年齢で小型船舶操縦士の免許なんて取れないもん。(昔は違ったのかな? でも、とにかく運転してるのは別の人です)


さて次は・・・・山口百恵さんの「夏休み」です。
MOMOE_20140721_01

”キラキラと輝く太陽と波しぶき・・・
なぎさで元気いっぱいの山口百恵ちゃん  「泳ぐのが大好きなのよ」という彼女  打ち寄せる波と競走したり きれいな貝がらをさがしたり 魚と遊んだりしてすごした楽しいバカンスの1日
デビュー曲『としごろ』で芸能界入りした14歳のフレッシュガール  スターをめざして希望とファイトにあふれるスタートを飾った百恵ちゃんです”
と記されています。

本当に若さにあふれた元気いっぱいの百恵ちゃんですね~
ところで、百恵ちゃんが右手に持っているものはなんだろう。マリングッズというよりは、ヌメッとした魚のシッポを持って振り回しているように見えるんだけど・・・上記の記事の「魚と遊んだりして」というのは、このことを言っているのだろうか?
でも百恵ちゃんは「お魚、こわい~!」なんて女の子じゃなかったからな。魚を手で持つくらい平気だったでしょうね。でも本当に右手に持っているものは何だろう?

最後は、いよいよ桜田淳子さんです
JUNKO_20140721_05
淳子ちゃんだけ白黒写真。本当はカラー映像で揃えたくて、しかも「芝ゴルフ・プール」という場所で撮影されたカラー画像もあったのですが、こちらの白黒写真のほうが、かわいく撮れていると思ったので、悩んだ末に、この画像を選びました。そのかわりサービスで追加の画像を3枚載せてしまいましょう。

"甲ら干し"をする桜田淳子ちゃん。芝ゴルフ・プールで撮影されたカラー画像で着てる水着とデザイン(柄・模様)が同じなんですね。"甲ら干し"をしている画像は別撮りですね。
JUNKO_20140721_02

次はおなじみの、淳子ちゃんの勉強部屋
JUNKO_20140721_03
このお部屋は、いとこの女の子が使っている勉強部屋で、作りつけの本棚に、ぬいぐるみやステレオが置いてある部屋であります。半そで姿の淳子ちゃんなので、もう衣替えは終わったころなんでしょうね。

その勉強部屋と思われる部屋で、淳子ちゃんは、こんなステレオで音楽を聴いていたようでありんす。
JUNKO_20140721_04
メーカー何も不明なステレオですが、1973年(昭和48年)当時としては、かなり立派なステレオですね~。やっぱりビクター製なんでしょうか? こんな画像をみたら、私も淳子ちゃんと同じステレオが欲しくなっちまうぜ!

淳子ちゃんのステレオといえば、16才の時にビクターの社長から14~15万円もする豪華なステレオを贈られた、という話が残っています。淳子ちゃんが作詞した「恋のふくらみ」という曲がLPレコードの「淳子と花物語」に収められているのですが、その印税が総額で5万円(当時の印税はレコードが1枚売れるごとに1円か2円程度だったそうですが)になって、ビクターから渡されたのですが、淳子ちゃんは、恐縮して印税を受け取らず、ビクターに返してしまった。その純情さにビクターの社長は大感激して、豪華なステレオをプレゼント、ということに、あいなったそうであります。
いい話ですね~

これで私の夏休みの自由研究が1つ終わった!

さて、少々疲れ気味の私、飛鳥野妹子は、しばらくブログの更新をお休みさせて頂きます。コメントをお返しするのもたいへんなので、また「コメント禁止」の設定にして休みに入ります。

でも、このブログの管理者としての責任があるので、ブログの状況は毎日チェックしますけどね。だから、へんな事しちゃ駄目だよ。管理者って、実は、とくに悪い事してる人については、いろんな事が分かっちゃうんですよ。
だからくれぐれもイタズラはしないようにね。

夏が終わるころには、また新しい記事が書けるかな~

2014年07月24日追記
中三トリオ、「私は、好きだから」
NONEN_20140719_01

NONEN_20140719_02

能年玲奈ちゃんのカルピスウォーター2014年版のキャッチコピー。
「私は、好きだから。」
カルピス柄のゆかたで、夏祭りのCM。「夏祭りの恋」篇 グアムで撮影したらしいね。
もちろん、このポスターも。すごいね。

ポスターは、割と見かけるのですが、
写真が撮れる場所に貼ってあるのは少ないんです。、
これも偶然出くわして、たまたまデジカメを持っていた時に撮った写真です。
ケータイのカメラではうまく撮れないんですよ。
「偶然出会うのを待つしかないものを意図的に狙う」というのがネタ拾いとしては一番難しいですね。

この画像ではテカッてしまい、あんまりきれいに撮れていません。
これもネタに用意していたんだけど、ボツネタになっちゃうので、
ここで使うしかないな・・・・
(自分自身への戒め。「休んでろっての!」)

SCHOOL OF LOCKは今日も始まってる。
中高生っていいなあ。生徒のみんなが、「夏休み」をとっても楽しそうに語ってる。
できることなら私もあのころに戻りたい・・・


7月25日追記
これも「夏休み」の前から観察を続けていたものなのですが、
泰山木の花です。
森昌子さんが高3トリオの卒業記念の記念樹として植樹した花ですね。

泰山木は謎の多い花なので、私も、どのような性質を持った花なのか
よく分からず、機会あるごとに泰山木を意識的に見るようにしていました。

下の写真は7月20日に、やっと花を上から見ることができる位置で撮影できた
泰山木の花です。
TAISANBOKU_20140720_01

とにかく大きい花で直径25cm~30cmほどありました。
大きい花で、とてもきれいな花です。

欠点は大きい花なので、1本の木に花をつける数が少ないという所でしょうか。

でも「長く楽しめる」というのが、この花のいい所なのであります。
5月の末に泰山木が咲くのを確認していましたから、
もう1か月以上たっていますね。
 いや、もう7月末ですから、2か月近くですね。まちがえました。

公園のような広い場所にたくさん植えられていれば、
とても長い期間、楽しむことができる、というのが、この花の長所でしょう。

それからもう1つの長所は、おそらく寿命の長い樹木であるということ。
明治12年に植えられたという、上野公園にある泰山木は今も健在。
明治初年が1868年で、今年が2014年だから、ざっとみて・・・
だいたい130年以上かな? 
こんなに長い年月がたっても枯れていない。多分もっと寿命の長い木なのでしょう。

同じ花をよこから撮影した写真
TAISANBOKU_20140720_02

お茶花として床の間に生けても問題はないようです。
下の画像は、生け花の本からとった画像です。
「格の高い花である」といってよいと思います。
TAISANBOKU_20140720_04
今日は時間がないので、後でもう少し情報を追加しておきます。

これも私の「夏休み」の自由研究でした。

(けっこう間違いだらけです。時々直してます。↓のとおりですネ。修正のしっぱなしです。疲れるからブログなんか書くな!ってかんじですが)
※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ

テーマ : 勝手に書かせていただきます。
ジャンル : その他

桜田淳子ちゃん危機一発!

7月17日追記
「そだちざかり」というお相撲さんを知ってますか?
気がつけば、大相撲の名古屋場所が始まってますね~。このブログの読者のみなさんは、お相撲はあんまり見ない人が多いのかな? 今年の名古屋場所で、話題の力士は「そだちざかり(シコ名は「育成」と書きます)」なんだそうです。

私も昨日知った情報なので、詳しいことは分からないのですが、お相撲さんなのに体重がなくてガリガリで、メチャクチャ弱い力士らしいです。でも、これは冗談ではなくて、本当の話です。テレビで中継するような時間に登場する力士ではないので、NHK総合テレビにも出てこないし、ニュースのスポーツコーナーで取り上げられることもないのですが、一部マニアの間では本当に注目の力士らしいです。

まだ若い人なので、まさに「育ち盛り」らしいですよ。運動神経は良いみたいなので、本当に育って強い力士になる可能性もあります。とにかく新弟子検査にきちんと合格して、親方がついているんですから「見込みあり」と感じさせるものがあるのでしょう。人気のほうも上々で、とにかく弱すぎるので応援している方も多いようです。がんばって欲しいですね。

なんの繋がりがあるかというと、ショーン・コネリーさんが日本に来たときに「007場所」なるものが開催されまして、ボンドさんが国技館でお相撲を見物するシーンがあるんですね。そういう繋がりです。

世間では「大相撲 名古屋場所」は「荒れる名古屋場所」と言われてますが、
今年も荒れているみたいですね~
以上、どうでもいい追加情報でした~!

そして、小学生・中学生・高校生は7月19日から、いよいよ楽しい夏休みだぜ~!
私は関係ないんだけどね。

ここからが元の記事です
秘密結社「おこりんぼ倶楽部」代表の飛鳥野妹子です。
悪いけど、今回もコメント禁止の設定にさせてもらいます。

おこりんぼ倶楽部の活動は、桜田淳子ちゃんに、いやがらせ行為を繰り返す連中を、ただただ怒り続けるという危険な行動することを目的に結成されたものです。たいへん危険な活動をしているので、会員は私一人に限定しています。こんな危険な仕事に他の人を巻き込むわけには行きませんからね。だからコメント禁止にするのです。ごめんなさい。

さて、そんな私が情報収集活動をしていたところ、
桜田淳子ちゃんに関する極秘ファイルが流出していることが判明してしまいました。

その情報がこれ。桜田淳子ちゃんを写した画像3枚です。
(1)
JUNKO_20140712_01.jpg
あぶなーい! 淳子ちゃんが高い木から落とされそうになってる!

(2)
JUNKO_20140712_02.jpg
しっとりと、ゆかた姿でくつろぐ、あまりにも無防備なその姿!
大丈夫かな?

(3)
JUNKO_20140712_03
急所のクビをアップに狙っている画像! 危険すぎるべ!

この3枚の画像は東京のホテル ニューオータニの日本庭園で撮影されたものに違いないと睨んで、さっそくニューオータニに出かけて来ました。 ホテル ニューオータニは「007は二度死ぬ」の中でスペクターの日本国での活動拠点に使われていた建物です。本当は「大里化学」といいます。

さてホテル ニューオータニに着いた私は、痛恨のミスをおかした事に気がつきました。この画像をいれた極秘ファイルを、おこりんぼ倶楽部の本部において来ちゃったのです。しかし会員は私一人。007のように別のエージェントの派遣を要請するわけにもいかず、とにかく淳子ちゃんを保護する活動を継続しました。

ホテルニューオータニの日本庭園とは、こんな場所です。
New_Otani_20140712_01

この日本庭園内にはお茶室のような風情のある建物がたくさんあるのです。
たとえばこんな感じですね。
New_Otani_20140712_02

こんな感じの建物もあります。なかなか風情があるでしょう。
New_Otani_20140712_03

早く撮影場所の特定をしなければ!でも極秘ファイルを置いて来ちゃった私は、なかなか場所の特定をすることが出来ず、少々焦っていました。でも、記憶を頼りに、このホテルにある屋外プール付近であろうという見当を付けました。
その屋外プールの画像がこれです。
New_Otani_20140712_04
この画像では誰もプールにいなかったのですが、
もう少しすると、きれいなお姉さんが、けっこう大胆な水着を着て、プールサイドでくつろいでいたりします。そういう時に撮影をすると盗撮していると思われてしまうので注意しなければなりません。

ちょっと話が変な方向に行きましたが、説明を続けましょう。

淳子ちゃんの画像は、このプール付近で撮影されたものであろうと見当を付けた私ですが、その見立ては、やはり当たっていました。この日本庭園の見取り図があるので、それで説明します。
下の画像を見てください。
New_Otani_20140712_05
この地図の左手にプールがあるのが分かりますか?
Focus on the Left !
英語あってたかな・・・ぶつぶつ・・・

プール付近を拡大した画像です。
プールの通路を挟んだ向かいに「山茶花荘」という建物があるのが分かりますね?
New_Otani_20140712_06

淳子ちゃんの画像(2)は、この山茶花荘側のお茶室を囲む壁側で撮影されたもののようです。
残念ながら、今回はその画像を撮る事が出来なかったのですが、
もしもう一度ホテル ニューオータニを訪ねる事が出来た時には、撮影して来ようと思っています。

このホテル ニューオータニは、実は007の宿敵、スペクターの日本での活動拠点なのです。内部に潜入して撮影して来ました。このように日本刀のような武器が置いてあるのです。まちがいなく「真剣」「本身(ほんみ)」ですよ。模造刀ではありません。
New_Otani_20140712_07


このホテルの中には、豪華なガーデンラウンジがあります。そこには海老原「淳子」の名前が! 淳子ちゃんが秘かに歌うのでしょうか。本名で出演するのは危険ですからね。さすが賢明な淳子ちゃんだと思います。
New_Otani_20140712_08

とにかく今日の所は、淳子ちゃんの危機は回避された!

ジェームズ・ボンドさんが日本に来たときの、ここでの危険な出来事を説明しましょう。
下の画像のこの場所。ホテルから下ってくるこの道で、007さんは、スペクターの一味に機関銃で撃たれるのです。その時日本側のエージェント、アキという女性がTOYOTA2000GTのオープンタイプ(カブリオレ)に乗って助けに来ます。ジェームズ・ボンドさんは、アキの運転するTOYOTA2000GTに乗り込み、追っ手から逃れる事が出来ました。本当に危険な場所なんですよ。
New_Otani_20140712_09

失礼、再度映画を見て確認したら、ボンドさんがTOYOTA2000GTに乗るのは手前の坂ではなくて、その1つ奥の平面の道でした。下の画像の左手に軽自動車が駐車されていますが、このあたりに映画の撮影時は噴水があったようです。当時とはすこしづつホテルも改修されているようですね。
New_Otani_20140712_11
う~ん、この追求は深みにはまるとキリがなさそうなので、適当に切り上げるかも。だってThis is not my business.だから・・・


東京の地下には、かつてのスペクターの要塞のような巨大な地下帝国が沢山作られています。
その一つがこれです。
この画像、ジャマイカにあったクラブ・キーという小島にあった、スペクターのNo.5、ドクター・ノオの海底基地にそっくりでしょう?
New_Otani_20140712_10

もう、みんな淳子ちゃんの夏の歌で何がいい?なんて人気投票をやってる場合じゃないんだよ! え?「天使の初恋」と「黄色いリボン」が入ってないって異議を唱えている人がいるって? うう~私も、その2曲には弱いのだ!
いやいや、私は私の活動を続けるのだ。

この記事を読んでくれた人で、桜田淳子ちゃんに嫌がらせをしている奴で「消したい奴が居る!」という人は、おこりんぼ倶楽部に連絡を入れてね。私は007やゴルゴ13より凄い秘密兵器を持っているから、ずっときれいに邪魔者を消してあげるからね。

コメント欄に「管理者にだけ表示を許可する 」という設定ができるから、
そこにチェックをいれてね。
私が口を割らないかぎり、依頼者の秘密は絶対にバレないから安心してね。

あ、いけない、コメント禁止の設定にしてるんだった。
やっぱり、しばらくは依頼は受けられないわ。ごめんね~。

どんな秘密兵器を持っているかは、秘密なので公開できないけど、そうね~、時間があったら、この記事を読んでくれた人だけに、こっそり教えてあげるね。


あ、そうだ。もうすぐ夏休みだから、みんなに教えてあげたい事があるんだ。
私の現在の愛車は、アストンマーチンDB5とTOYOTA2000GTのカブリオレの2台なんだ。
私にはちょっと高かったんだけど、なかなか無い車だし、少しだけ無理して買っちゃいました。
夏休みになったら、この車で淳子ちゃんにゆかりのある場所に、いっしょにドライブ行きましょうよ。
せっかくの夏休みだもん。思いっきり遊ばなくっちゃね。
でも、2台とも古い車だし、おとなが二人も乗ったら壊れちゃうかもしれないけどね。

私の愛車の画像も暇ができたらこの記事に追加しておくから、
ぜひ、見てみてね。

アストンマーチンDB5
かっこいいでしょ?
AMDB_5_01
アストンマーチンDB5の現在の中古車の価格を調べて見たら5億円くらいだった。私にはちょっと高いなあ・・・


私といっしょにドライブに行きたい人はコメントで知らせてね。

あ、いけない、私ったら、また忘れてる。
しばらくコメント禁止の設定にしてるんだった。

コメント禁止の状態がいつまで続くか分からないけど、
もし、解除された時は、いっしょにドライブしたい人はコメント入れてね。

私、日曜日は007のDVDを見て、くつろぎます♪
じゃ、またね! バイバーイ!

あ、大事な一言を忘れてた!

Goog Luck JUNKO SAN !
Be Careful JUNKO SAN !

※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ

テーマ : 007シリーズ
ジャンル : 映画

桜田淳子が5位で吉永小百合が4位。ではベスト3は?

桜田淳子さんが5位で吉永小百合さんが4位、って何の事でしょう?
これは週刊現代の2014年 6/28号に掲載されていた記事で、マルベル堂のブロマイドの種類の多さを順位にして人気のバロメーターを現す数字として紹介されたものです。この週刊誌は買わなかったので、正確な数字は憶えていませんが、花の中三トリオのメンバーはだいたい350種類前後の数のブロマイドが作られていているので(つまり三人とも、ほぼ同数)、
桜田淳子さんは425種類で5位。山口百恵さんと森昌子さんは、それぞれ373種、356種で、仲良く7位と8位でした。(※いずれも週刊現代の記事に掲載された数字であります)
順位をつけて意味のある数字では無いように思うのですが、いちおう淳子ちゃんが中三トリオの中で一番であったのが嬉しかったので、記事に残しておこうと思いました。昌子ちゃんと百恵ちゃんのファンの方、ごめんね~。

でもベスト3が誰だったのか気になるでしょう?
吉永小百合さんより上がいて、山口百恵さんもベスト3ではないとなると、ちょっと想像つかないですよね?(そうでもない?)ピンクレディーでもないんです。やっぱり難しくねえですか?

答えは、
1位 美空ひばりさん 1490種類(一人だけケタが違うのでびっくり!)
2位 キャンディーズ  464種類
3位が・・・多分一番意外で、志穂美悦子さんでした。448種類

記事には「キャンディーズはソロ活動時のブロマイドも」という注釈がついているので、たぶんこれで順位が上がって2位になったということなのかな? 美空ひばりさんは、やっぱり桁外れの大物だったんだなあ、ということで、これも納得です。

で、志穂美悦子さんが吉永小百合さんを越えちゃったのは、私にとっては、とっても意外でした。
たしかに美人だったしアイドル的な風貌でもあったし、大人のアクション映画から子供の変身ヒーローものまで幅広い作品に出演していたので、ファン層も広かったのでしょうか。まあ、志穂美 悦子さんは、私も好きな女優さんの一人でした。ビジンダーも、ザ・ボディガードもザ・ゴリラ7も毎週のように見ていましたね~。

で、かんじんの週刊現代の2014年 6/28号ですが、桜田淳子さんの写真、しっかり掲載されていました。近頃は、いろんなところで淳子ちゃんの名前や映像が出るので、喜ばしいことであります。

今回は画像の掲載は無しの愛想の無い記事です。画像を載せるのは、けっこう手間なのですよ。ごめんなさいデス。

プロマイドでもブロマイドでも、どっちでもいいじゃん。


以上。おわり。


※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

桜田淳子主演の青春SFコメディーヒーロー映画が見たかった

桜田淳子さん主演で青春SFコメディーアクション映画とか青春戦隊ヒーローコメディーアクションを撮ればよかったのにと思っているワタシです。自分の好きなものを並べているだけかもしれませんが(「かも」はいらないカモ?)
重要なポイントは「コメディー」というところ。「青春」は、あまりポイントではないんです。
私が山田洋次監督に桜田淳子さん主演映画を撮ってほしいと思った理由は、
「喜劇が撮れる映画監督である」という点を評価しているからです。

下の画像は今年(2014年)6月7日(土曜)封切り予定の「女子ーズ」のpublicity shot。「宣伝用写真」ですナ。
JOSHIS_20140606_01
女優さんの名前は左から、山本美月、藤井美菜、桐谷美玲、高畑充希、有村架純
(有村架純さん以外は知らないのですが・・・)

この映画の監督は福田雄一さんという1968年生まれの劇作家、兼、放送作家、兼、映画監督さん。
この人がなんでこんな映画を撮ったのか、その理由が新聞に載っていたので紹介しましょう。
-----------------------------------------------------------
もともとテレビのゴールデンタイムにコメディーをやらせてもらえない不満があるんです。お笑い芸人は情報番組の味付けのために使われているだけだし。アイドルなど笑いの素人だから許されるような、ゆる~いコントは視聴率が取れないからと。作らせてもらえない。

昔は「8時だヨ!全員集合」で人気絶頂の 桜田淳子さんがコントに出たりしてたわけです。 そういうギャップが笑いの本質だし、面白かった。

カワイイ人がくだらないことをしたり、「コドモ警察」では深夜なのに(鈴木福ら)子供が刑事部屋に大勢いたりする。テレビが面白くなくなったと言われますが。俺ならこうするのにというアイデアを、機会があるたびにやっているだけなんですよ。
-----------------------------------------------------------
※朝日新聞 2014年5月31日 夕刊の記事より引用(読みやすくするために一部編集しました)

「お笑い」をやっていた桜田淳子さんを高く評価しているのが、とっても嬉しい。
夕刊とはいえ、桜田淳子さんの名前が有名一般紙に載るのも嬉しいですね。

新聞記事の一部を画像で紹介しましょう。このサイズで読めるかな?
asahi_20140531_01

「ギャップが笑いの本質である」という点は、少々解説が必要なところだと思いますが、
新聞にも書いていないところだし、私独自の解説を入れるのも、めんどくさいので省略!
たしかに「ギャップ」「なんじゃこりゃ?」という感覚は、笑いの大きな要素の1つと言っていいのかも。

しかしテレビでは出来ないけれど映画では出来る、という所が面白いですね。
でも、テレビの世界では案外NHK教育が無法地帯で面白いです。
「おじゃる丸」よく見ていました。変な人しか出てこないアニメを教育テレビでやってるということが当時は驚きで、久しぶりにハマったアニメでしたね。
最近はこの傾向が総合テレビにも波及してるような気がします。

下の画像は、スーイスイっとローラースケートを披露する桜田淳子ちゃん15歳。
JUNKO_roller_skateing_20140606_01
エンゼルハットだけじゃなくてヘルメットも似合ってるから、
戦隊ヒーローのコスチュームでもウルトラ警備隊の制服でも、
きっと似合うよ。

今 出演のオファーがあるなら、隊長さん役かな?
あんまりネタを詰め込むと読みにくくなるので、今日はこれまで。


※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ

テーマ : ☆女性アイドル☆
ジャンル : アイドル・芸能

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。