スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走を感じる 伊豆の踊子の予告編 山口百恵さん初主演

師走だ。なんだか忙しい。夜眠ると、あっという間に朝になっている感じがする。まだ寝足りない感じだ。

年末が近くなると、お正月映画の予告編が映画館やテレビで流れる。
お正月映画の予告編てのは、意外に季節感のあるものだなあと思う。
映画館に入って「新春ロードショー」なんて予告編を見ると「ああ、もう年末で、正月なのか~」としみじみしてしまう。

山口百恵さんの初主演映画「伊豆の踊子」は1974年公開のお正月映画だった。
その予告編があったので見た。な~んともお正月映画の予告編!って雰囲気がとても良いのでした。


伊豆の踊子 あらすじ

http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/index.htm
「がんばれ凡人」の「名作のあらすじ」から転載させていただきました。

伊豆の旅に出た一高生の私は、天城峠で出会った踊り子の清純な姿にひかれ、その旅芸人の一行と下田まで道づれとなる。瞳の美しい薫(かおる)という名の踊り子は14歳、おとなびて見えるため、私は踊り子の今夜が汚れてしまうのではないかと、眠れぬ夜を過ごす。しかし、翌朝、湯から裸で飛び出して手を振る踊り子の子供っぽさに、私は心に清水を感じて微笑する。孤児根性で歪んだ私も、踊り子に「いい人ね」と言われて、心が澄み渡る。旅費の尽きた私は、下田で踊り子と別れて船に乗り、別離の感傷に浸りぽろぽろと涙をこぼす。


この映画、公開当時の映画紹介の番組では山口百恵さんの入浴シーンがあるということばかりが話題になっていましたが、作品そのものは、きちんとした映画だったようです。

映画は自分の目で見てみないと良い映画かどうかわからない。周囲の評判は、いちおう参考にはするけど、でもやはり評価するのは自分。自分が面白いと思えば、他人があの映画は駄作だ、甘っちょろい とかなんとか言ったって、全然気にならない。

百恵さんの踊子、三浦友和さんの一高生は、どちらも適役で良かったんじゃないかな。何度も映画化されている作品だけど、案外、山口百恵さんの映画が一番良くできているような気がする。

山口百恵さんの伊豆の踊子のDVDはAmazonでは「現在お取り扱いできません」となっていた。
ちょっと残念。吉永小百合さんのは買えるみたいだ。
 


サイト内関連記事 「山口百恵」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BB%B3%B8%FD%C9%B4%B7%C3
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。

外部関連サイト
みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/index.html

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

どちらも・・

 こんばんは。

 以前「若い人」で淳子さん版と小百合さん版どっちが好き?
ってありましたが、淳子さんの「若い人」を見る前にこの「伊豆の踊り子」で百恵さん版と小百合さん版を見比べたりしました。
 小百合さん版はいかにも小百合さん映画って感じでしたが、百恵さん版は百恵さんの持つイメージが踊り子とマッチしていたように思います(妹子さんは小百合さん版の方が好きかも)。
 
 そこで、もし淳子さんが「伊豆の踊り子」をやっていたらどうだったのでしょうね。小百合さんに似ているといわれた淳子さんですが、小百合さんとは同じ感じにはならなかったと思います。
両方のいいとこ取りだったかな?(笑)

 石川さゆりさんの役はかわいそうだった・・・。(小百合さん版より)

女優 山口百恵さんの個性が光って見えます

百恵さんがスター誕生のオーディションに現れた時、スタ誕のスタッフから「ちょっと暗めの淳子がいるよ」と声をかけられたと、阿久 悠さんの著作に書かれていましたが、百恵さんは、淳子さんには無い「憂い」と言うか、どこか寂しげな雰囲気を持っていましたよね。

その個性が女優としての百恵さんの長所になったと思います。叶わぬ恋、切ない恋物語の主人公、古風な日本的な女性を演じる時に、山口百恵さんの魅力がよく発揮されたような気がします。

淳子さんが演じたら・・・についてですが「両方のいいとこどり」だったら嬉しかったのですが、昔、少年サンデーかマガジンの表紙に日本髪のカツラをつけた淳子さんの写真が載った事がありました。伊豆の踊子か野菊の墓の主人公のイメージだと思うんですが、私は、淳子ちゃんの日本髪は あんまり似合っていないなあ~、と思ってしまったのでした。

じゅんぺーは いなかっぺー(秋田の方ごめんなさい)だけど、見た目は都会的でスマートでかっこよくて明るすぎるくらい明るい。だからこそ淳子さんのファンになった私ですが、淳子さんには古風な日本女性は似合わなくて、映画を撮るなら現代劇で楽しい学園コメディーがいいな~と思ったのでした。

吉永小百合さんにも、少し寂しげな雰囲気がありました。だから陽性という点では淳子さんのほうが上だと思っていますが 「いいとこどり」をしているという点では、吉永小百合さんが、当てはまるのかなあ・・・
このテーマで長い記事がいくつも書けそうです。

淳子と小百合と百恵

人によって意見は違うのは当たり前ですが、私の意見です
百恵さんが受かったのは淳子さんに似てることが最大の要因です
暗いのは全くメリットではありません、今の時代でもそうです
ただ百恵さんは生きることに真剣だったことが淳子さん、昌子さんとは違いました、生き方に対してぶれません
私も淳子さんの「伊豆の踊子」はないと思います
「愛と死をみつめて」「キュポラのある街」が淳子さんにあってます
また小百合には浜田光夫というパートナーがいました
淳子さんにもそういう人がいたら映画もバリエーションがあったと思います、でも総合力において小百合さんを淳子さんは超えてたと思います





私の好みを披露いたしますと・・・

SHIGEさん、連日のコメントありがとうございます。
私も長年、淳子さんはどんな映画を撮ったらはまり役だったかな~と、
考え続けているのです。
「キューポラのある街」は、桜田淳子さんでリメイクしても良かっただろうなと私も思っています。「愛と死を見つめて」のような病魔に冒されても明るく生きていこうとするキャラクターも良いでしょうね。ちょっと重たい映画にはなると思いますが。

でも、私の好みは更に変わっていて、もともとコメディー好き、漫画ならギャグ漫画が好き、お笑いが好きな私ですので、もっと凄いことを考えてまして・・・。 もし桜田淳子さんが私の言うとおりに映画を撮っていたら、メチャクチャな映画ができてしまうだろうな、「いったい桜田淳子に何をやらせるんだ」と、きっと多くのファンからお叱りを受けるだろうな、とも思っています。

「古沢憲吾」という映画監督をSHIGEさんもご存知だと思います。クレージーキャッツの映画を沢山撮った監督さんです。で、古沢監督は加山雄三さんの若大将シリーズも三本撮っていて、この"古沢憲吾の"若大将シリーズみたいなノリと明るさで桜田淳子さんの映画でのキャラクター作りをして欲しかった、なんて思っているんですよ。

話が入り乱れますが、加山雄三さんの映画で1966年製作の「お嫁においで」という映画があります。これは東宝の本多猪四郎さんが監督をした映画です。若大将シリーズでは女の子にモテモテの加山さんが、この映画では逆に、好きになった彼女に振られちゃう、というストーリーでした。

ひそかに私が、これならいけたかもしれないと思っているのは、この「お嫁においで」のパターンで、毎回すてきな彼氏があらわれて、いつもイイ所までいくんだけど、最後には振られちゃうというパターンのコメディー映画。寅さんのパターンと同じですね。これなら毎回相手役の男優さんが変わっても映画が撮れるわけです。

このパターンで学園コメディーを撮ると、高校生編から大学生編まで行けるから、5年~6年くらいで10本ほどの映画が撮れたかもしれないな、なんて思ったりしています。

ある人から「コメディエンヌ」という言葉を教えてもらいました。このコメディエンヌが、明るい淳子さんには似合っていたんじゃないかなと・・・。これが私の好みです。
でも、この案に同意してくれる人、あんまり居ないだろうな・・・。

相手役は重要ですね。役者が揃わないと、やはり映画は撮れません。小百合さんの相手役の浜田光夫さんしかり。百恵さんの相手役、三浦友和さんしかりです。淳子さんの場合はふさわしい相手役が見つけられなかった。でも、これはもう運(あるいは縁)ですからね。百恵さんには、その運(縁)があったのかな、とも思う私なのでした。

淳子さん、百恵さん、小百合さん+森昌子さんについては、これからも記事を書いていきますので、気が向いた時には、ぜひコメントをお願いしますね。
アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。