スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口百恵ちゃんのデビュー曲 としごろ 叱らないでね

山口百恵さんのDVD BOXが発売になるんだって。2009年12月16日水曜日に発売。発売の名目はザ・ベストテン30周年とホリプロ創業50周年ということだそうだ。ザ・ベストテンからの映像ばかりだから、ファンの人にとっては嬉しいような物足りないような、という感じだろうか。

でも淳子ちゃんのファンから見れば百恵ファンは恵まれている。淳子ちゃんの場合には、こんな企画は無いもんね。

そういえばザ・ピーナッツもデビュー50周年という企画でDVD BOXが発売されたなあ。あのザ・ピーナッツでさえ50周年でやっとの発売ですから、淳子ちゃんの場合もデビュー50周年まで待たなきゃいけないのかな? 厳しいねえ、どうも・・・。

サンミュージック創立50周年なら、1968年創業だから、あと何年? 9年くらいか・・・どっちにしても長すぎる。来年の2月25日か4月14日にでも発売されないかしらねえ、淳子ちゃんのDVD BOX。

百恵ちゃんの事はあまりブログに書いて来なかったけれど、今日は珍しくも百恵ちゃんの歌の記事です。私が百恵ちゃんの歌で一番好きな曲はデビュー曲なんです。あまり取り上げられることの少ない曲ですけどね。世間の人は「悪い子」を歌っているの百恵ちゃんを支持するのですが、私は逆です。

「としごろ」みたいな曲を聞いていると、しゃーわせな気分になれるんだけど、他の人はちがうのかなあ。なんとも不可解。

としごろ 昭和48年(1973)5月21日発売


同B面 叱らないでね


サイト内 関連記事:「百恵」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%C9%B4%B7%C3
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

妹子さま、再開していただき喜んでいます。一昨日「きんどこ」でお母さんに扮した淳子さん(Youtube既済)を見ました。淳とモモのつながりを再度実感しました。百恵さんも好きなのですが、18才くらいまでの、清楚な(ドッキリソングを歌っても)百恵さんが好きですね。
淳子の躍動感、明るさと同じくらい百恵さんの清楚さとなぜか醸し出される生々しさは、彼女を魅力的に見せていました。宇崎夫妻の曲を歌うようになり生々しさだけが強調されたようで、当時やっぱり「オレは淳子派だ」と高校生の私は実感しました。ちなみに私のお薦めは「春風のいたずら」です。ジャケットの笑顔も自然でかわいいです。

再度のご訪問ありがとうございます

ぽんきちさん 引き続きご訪問いただきありがたく思います。
百恵さんは確かに宇崎夫妻の曲を歌いだしてから一気に「大人」になっていきましたね。でもそれで、どんどん存在感が増していって、ついには伝説的な存在にまでなってしまいました。あの時の百恵さんの勢いは凄かった。
百恵さんの人気が大きくなることは、それはそれで結構なことだったと思うのですが、淳子ファンとしては、どうしても比較してしまいがちでした。淳子VS百恵の図式は私の中でも払拭できなかったです。こういう目線を当人たちが一番嫌がる事を分かっていてもです。逃れがたいファンの心理。怖いわ、怖いわ、こわあ~いわ~、ですね。”春風のいたずら”のこのフレーズ、懐かしいです!)
アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。