スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり じゅんぺー批判なんてできない・・・

「スプーン一杯の幸せ」は、かなりひどい作品だと書こうとしたけれど、やっぱり私には大好きなじゅんぺーにケチをつける事なんてできなかった。だからこの話題はしばらく、おあずけとします。
悪いのは脚本。じゅんぺーを、悩む必要の無い事件で悩ませ、笑顔を消し去り、じゅんぺーの魅力がほとんどでていなかった作品ではあったけれど、じゅんぺーが悪いんじゃないんだ。
出会ってはいけない人、落合恵子と二人の脚本家に出会って、訳の分からない映画にしてしまったスタッフが悪い。

黒沢年雄に、野点での失敗について陳腐な批判を並べたセリフを吐かせた瞬間に相当ひどい脚本であることを察知した私は、もうこの映画は、じゅんぺーの笑顔を見られるかどうかだけが唯一の関心事となり、早送りで映画を見たが、最後にやっと笑顔が出てくるという、私の好みにはまったくあわない映画でした。

落合恵子が悪いのか、二人の脚本家が悪いのか。とにかく じゅんぺーの演じた主人公の心理が全く理解できない。ただ女の子を悩ませ泣かせたいために、理由はどうあれ、主人公を悩ませるためにストーリーを作っているような感じさえした。「ちょっと憧れちゃった先生」が自分のお父さんになるんなら悩むことなんて無いではねえの?(ストーリー間違ってますか?後でもう一度確認してみます)

この映画は最初のコミカルな野点のシーンと最後の輝くような笑顔のじゅんぺーが唯一の魅力を発していました。バドミントンの白いユニフォームもすごく似合っていたけれど、あんなに悩み苦しむ、あるいは観客に理解できない理由でいつも思いつめた表情の桜田淳子では、その魅力も半減してた。
ああ・・・残念な映画だった。

でも私はじゅんぺーが大好き。どのくらい好きかって、私が桜田淳子になりたいくらい好きなんですから。

ああ、私は今でもサクラダジュンコになりたい・・・

サイト内 関連情報 「桜田淳子」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。

桜田淳子 外部関連サイト
"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

桜田淳子イズム
http://www.harumacky.com/

そよ風の天使
http://tokyo.cool.ne.jp/sakuranbo414/

あなたのすべて
http://www5f.biglobe.ne.jp/~anatanosubete/

桜田淳子の桜桃記
http://homepage2.nifty.com/junou/

SHIGE(しげさん)と歌謡曲 淳子さんと歌謡曲の話題など
http://mshige.exblog.jp/i0/

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。