スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淳子ちゃん 昌子ちゃん 好きな曲と苦手な曲+加山雄三

好きな歌手でも好きな曲と苦手な曲があります。なぜ自分はその曲が好きなのか、あるいは嫌いなのか。いろいろ考えてみたけれど結局、自分のノーミソがそのように出来ているからだとしか説明のしようが無いと思った。

私は本当に幼児だったころ、好きだった童謡は「かもめの水兵さん」だった。
その歌のレコードばかりをせがんで母親に聴かせてもらった。
嫌いな曲は「ねんねんころりよ おころりよ。・・・・」だった。
江戸子守唄と言うんだそうだ。
嫌いなので母親にその子守唄は歌わないでくれと、おんぶされていた幼児の頃なのに、そんなことを言っていた。

幼い頃から、そんな調子だったので、好きな曲、苦手な曲というのは、私の場合はかなり幼い頃に、あるいは生まれつき好みが決まってしまっていたようなんです。

桜田淳子ちゃんにも森昌子ちゃんにも、苦手な曲があります。
苦手な曲と好きな曲を順番に並べてみます。
(淳子ちゃん、昌子ちゃん、それからお二人のファンの方へ、ごめんなさい)

桜田淳子ちゃん 苦手な曲「三色すみれ」
森昌子ちゃん 苦手な曲「越冬つばめ」

すきな人に対して悪いと思うので自分のブログ以外の場所では書きませんが、実はこういう切ない曲は苦手なんです。

「三色すみれ」

これを歌っている淳子ちゃんの姿。すごくかわいいんですけれど、でも私にとって淳子ちゃんは、明るい淳子ちゃんでいて欲しいんです。

「越冬つばめ」

森昌子さんの代表的な歌をこんな扱いをして申し訳ないと思っています。
胸に迫ってくる曲で、心に響くところが魅力なのだと思います。
でも私にとっては切な過ぎる歌。さびし~い気持ちになりすぎて苦手な曲の中に入ってしまいます。

私にとって、歌は楽しくなるために歌うもので、切ない気分になる歌なんて・・・という気持ちがあります。

好きな曲はいっぱいあって困るのですが、たとえばこんな曲です。

桜田淳子ちゃん 好きな曲「気まぐれヴィーナス」


森昌子ちゃん「若草の季節」(埋め込み無効なので外部リンクです)
http://www.youtube.com/watch?v=eJSQEfkMyDo

自分の中ではこういう好みになるんです。他の人が聴いたらどう思うんでしょうね。
「うるさいだけじゃない」とか「古い青春歌謡だね」とか思われるんでしょうか?

他の人が「いい曲ですよ」という、お勧めの曲を聴いてみることもありますが、好みでない事が多いので自分は変わっているのかな、と不安になることもあります。

好みは人それぞれ、というのが当たり前なんですが、自分が多数派か少数派なのかは気になります。多数派なら「みんなと同じだ」と安心できます。でも個性が無いなあと思ったりもする。少数派なら、その逆ですね。どっちにしても安心できないのは変わりないので、考えても仕様が無い事ではあるんですが・・・

で、歌手にこだわらず好きな歌をあげろ、と言われれば例えばこんな曲になります

加山雄三 「君の瞳の蒼空」


じゃあ切ない曲は全て駄目なのかというと、そうでもない。好きな曲もあるんです。
どんな曲が好きか苦手かという問題は、はっきり割り切れなくて難しいものですね。

切ない曲だけど好きな曲については、また次の機会に。

サイト内 関連記事:
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。