スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜田淳子ちゃんの夏 「十七の夏」 淳子の夏シリーズ

桜田淳子ちゃんは、十代のアイドル時代は、5月25日前後に夏に向けた曲をリリースするのが定番だった。私はその「夏シリーズ」が例外なく好きだった。淳子ちゃんを売り出すスタッフの方たちも「淳子=夏」のイメージを出したかったそうだ。だとしたら私は本当に”いいお客さん”だったことになりますね。

「天使の初恋」(1973年5月25日)の時から、みごとにはまっていましたから。

「黄色いリボン」(1974年5月25日)、「天使の初恋」はもう記事にしてしまったので、 今日は「十七の夏」(1975年6月5日)を聴きましょう。
これもいい曲ですよね~。

ちょっとレコードみたいな歌い方のバージョンと、ライブ感あふれるバージョンと二種類用意しました。
私が用意したわけじゃなくて、アップしてくれた人がいるんですが・・・
ファンのみなさまの努力には頭が下がります。みなさまのお陰で、いろんなパターンが聴けます。
本当にありがとうございます。
(もちろん私もCDは持っていますけどね)

「十七の夏」は、夏らしくて明るい曲調がとても心地よい曲です。

レコードみたいな歌い方バージョン


生歌その1-ステージバージョン(ライブ録音と画像合成の巻き)


生歌その2-ステージバージョン(歌と口があわないわ~の巻き)


生歌その3-スタジオバージョン(いっしょうけんめい歌ってます!の巻き)


いや~、最後の映像、すごい編集だね(笑)。

千昌男さんが「さあ~歌うよ~」てところで、ぶちっとカット!

三波伸介さんのネタは、ほとんど放ったらかし。
キュロットを「これはコンビネーションのパジャマって言ってね、脱ぎにくいんだよ、これな!」、「淳子ちゃん、顔見りゃわかる、キュロットしてる」・・・・。え?

こういうジョークは会話にならないわ~。笑わせようとして空回りしてる状況は、見ているほうがハラハラします。

はやく歌に行って下さ~い! ディレクターさん、あんたは正しいよ。

この年は淳子ちゃんの快進撃の年でしたね。
でも、少女から大人になっていく年でもありました。
だんだん少女の声が出なくなってくる。

声変わりって男の子にしかないのかと思っていましたが、女の子も大人の声になる時が来るんだって私は知ったのでありました。
それでも努力して、いっしょうけんめい歌っていましたね。

淳子ちゃんは真面目で一生懸命な女の子だったんです。

サイト内 関連情報
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2

関連サイト
"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

「十七の夏」は下のCDに収録されています。
 



ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。