スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜田淳子とエランドール賞と能年玲奈(あまちゃん)

桜田淳子さんが「スプーン一杯の幸せ」でエランドール賞を受賞したというのはファンの間では通説になっていると思います。そして私は「あまちゃん」こと能年玲奈さんも2014年のエランドール賞 新人賞を受賞したのを、能年さんがDJを担当しているラジオ番組を聴いて知りました。(TOKYO FMのスクール・オブ・ロック 10:00PM~の「Girls LOCKS!」2014年2月24日放送)

■1974年の中頃の撮影と思われる桜田淳子さんと
2013年「あまちゃん」撮影時の能年玲奈さん

JUNKO_140226NOUNEN_140226

■「能年玲奈のGirls LOCKS!」2014年2月24日放送を聴けるのはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=Rag9gpZQCtc

能年さんは、「エランドールの意味は、誰が良いかを『選んどる』という意味ではありません」と解説してくれました。

そ、そうだったのか。私は「エランドール賞は本当に何を見てエランドルのか!」と思っていたので、本当の意味(フランス語で「黄金の飛翔」という意味)を知ることができてありがたかったです。

そして「能年ちゃんも桜田淳子さんと同じ賞を取れてよかったねー」と、ラジオを聴いていた時には、本当に幸せな気分で聴いていました。

そして、あらためてエランドール賞についてネットで調べて記事にしようと思ったのですが、思わぬ情報に出くわして、困惑してしまいました。

日本映画テレビプロデューサー協会のHPで「エランドール賞 歴代受賞者一覧」というページがあるのですが、桜田淳子さんの名前が無い!
桜田淳子さんが1975年にエランドール賞を受賞したという情報は、Thanks40のCD&DVDのブックレットのP16にも書かれています。たしか紙ジャケットシリーズのライナーノーツにも書かれていたはずです。

日本映画テレビプロデューサー協会のHPの情報と、上記のブックレットなどの情報と、どちらが正しいのか確かめる術がなく、困ってしまいました。

■エランドール賞 歴代受賞者一覧
http://www.producer.or.jp/elandor/elandor.html

桜田淳子さん自身もアイドル時代には知らされていない情報が多々あるようであり、真実を語れる人が生きているうちに、桜田淳子さんについての、正しい情報をできるだけ発信して欲しいと思います。所詮 一ファンにすぎなかった私には調べる術が無いのです。

私より桜田淳子さんに詳しいファンの皆さんは、どう思われますか?

思わぬ情報に出くわして、本来の目的、すなわち、落合恵子さんの「スプーン一杯の幸せ」が、どのような本であったのかを説明する前に、変な寄り道をすることになってしまいました。

落合恵子さんの「スプーン一杯の幸せ」については、次回の記事で書く予定ですが、今月の更新は、これが最後になりそうです。続きは3月のうちに書けるかなあ・・・なにせ3月は年度末で何かと忙しい月。3月は1回更新できるかどうか、というところです。

(文中の敬称は適当に省略しました)
※(ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、私が表現に不満を感じた部分は、見つけるたびに予告なく修正します)

ブログ内関連記事

桜田淳子ちゃんの「ひとり歩き」と「スプーン一杯の幸せ」
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/blog-entry-65.html

桜田淳子さんが「スプーン一杯の幸せ」に寄せた推薦文
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/blog-entry-233.html


ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 個人的な映画の感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんにちは・・こんばんは・・どんなに仕事で疲れ果てていても
時間の許す限り、拝見させていただいております。

私も淳子さんファンですが、御貴殿の情熱に私などは敬服するしかありませので
当サイトにて今更、私が淳子さんの魅力について語るのもおこがましいので、
開幕間近のプロ野球風に貴殿のサイトを↓にて評させて頂きます。

゛切れ味鋭くは、平松のシュートのごとし。
されど、時に魅せる緩急は堀内のドロップ(今のタテ型スラィダー)。
その両端の組み合わせの妙技なるは、桑田の精巧なるアウトロー(外角低め)。
でも、時にはトンビ(東尾)のインハイが超辛口。
しかし、その真髄は九回においても終速150㎞越えなる江川の潔さ〟

・・と私は感じております。
これ以上書き込みをすると各方面御見識の皆様が敏感に反応なさる故、これで
失礼します。(笑い)

改めまして、御貴殿の御多幸とサイトの御繁栄を祈願しております。
乱筆にて失礼致します。

エランドール賞

こんばんは。

たぶんブックレットの方が正しいと思いますが、、
エランドール賞受賞したかは、まったくわかりません。

当時は、エランドール賞を受賞したということは、耳にしたり、見たりしたことはありません。
エランドール賞より、ゴールデン・アロー賞の方が、よく耳にしていました。

すいません。答えになっていなくて、、、

コメントしてくれちゃって恐縮です

SONOさん sjghdさん、

コメントありがとうございます。というか、今回の記事の場合はコメントをもらってしまい恐縮しています。

中途半端なパクリギャグに困った情報。しかもナニゲに山勝カード。こんなわけの分からん記事に、皆さんがコメントできるはずもなく、早く次の記事を書かなくっちゃ、と思っていたのです。

エランドール賞。私は紙ジャケットシリーズのライナーノーツの解説ではじめて桜田淳子さんが「エランドール賞」という賞を貰っているという情報を知ったのです。
私が大好きな淳子ちゃんが賞を貰っていたのだから嬉しくないはずがありません。でも「ところでエランドール賞って何?」というのが私の感想でした。エランドール賞なんて聞いたことも無かったからです。

エランドールの言葉の意味さえ分からず「誰がエランドるの?」 「どうやってエランドるの?」 私の場合は本当にこんな感じでした。

桜田淳子さんの時代は、今回の能年玲奈さんのように、はなばなしく授賞式なんてしなかったかもしれないし、もう40年近く前の事だから確かな事を証言できる関係者を探すというか、我々がコンタクトを取ることは難しいですよね。

証言できるとしたら福田マネージャーさんとか、当時のサン・ミュージックのスタッフと、日本映画テレビプロデューサー協会の両方に聞いてみるしかないんでしょうかねえ・・・

地道に情報の出所を辿っていくしかないんでしょうねえ。

プロのライターでは無い私には、時間と手間とお金がかかる作業。
すぐに取り掛かるのは、とても無理です。

困った記事を書いてしまって本当にごめんなさい。でも気がついちゃったことに対して無視するというのは不誠実だと思ったので記録として残しておこうと思い、この記事を書きました。

芸能界とか映画・テレビの世界は、作られたエピソードが無数に存在する世界なので、その中で真実に迫るのは容易なことではありません。

エランドール賞の件については、今後の研究課題ということで、結論を急がず、取り組んでいきましょうか。
アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。