スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみません、なおりましたので (13日朝の改訂版)

2013年12月12日書いた記事を再編集して独立した記事にしました。

すみません、いささか悩んだおかげで、私自身が何を第一に考えればよいのかについて、答え(私にとっての答えという意味です)を見つけることができました。 なので、ちょっと心配させてしまったと思うのですが、もう私の心は安定したので、大丈夫だと思える状態になりました。

ただ、私が恐ろしいと感じたのは、心を病むことではなく、「心を病んでいるという目で人に見られること」であります。自分が正気であると言っても誰も認めてくれない状態、また黙っていてもそれは「心を病んでいるからだ」といわれてしまう。もう自分が何をしても正常だと思ってもらえない状態が一番恐ろしいと感じました。
本当に一生出られない牢屋に閉じ込められたような気持ちになります。

つまり「マインドコントロール」などという言葉は、よほど注意して使わないと、非常に危険な言葉になりうるという事を理解しなければならないと痛切に感じました。「マインドコントロール」という言葉を使うなとは言いません。しかし本当によほど注意して使わないと、とても危険な言葉なのだという事を理解して欲しいと思います。

本当に、いったん「あなたはマインドコントロールされている」などというレッテルを貼られたら、その人はもう身動きが取れない状態から抜け出せなくなる。それほど悪い力が、この言葉にはあるように思います。

このことについて書くだけで、おそらく単行本一冊くらいの内容が必要だと思うくらいです(私は素人なのでこの程度の書き方にさせてもらいますが、本音では「単行本一冊どころか分厚い学術書くらいの内容が必要である」と断定したいくらいです)「マインドコントロール」などという便利すぎる言葉は軽率に使ってはいけないのです。(心理学や精神医学について素人の私が、断定調で書いてはいけないのかもしれませんが、そう書かずにはいられないです)

2時間でいまが分かるような「マインド・コントロール」の本を書いたり(あるいは読んだり)してはいけないのです。
ましてや、心理学者にはマインド・コントロールの定義はできないが、法律家にはマインド・コントロールの定義が出来るというような書き方をする本は、たいへん思慮が足りない著者が書いたのだろうなと思わずにはいられません。 本当に恐ろしい。

法律家が考える定義は、あくまで法的紛争の解決のための便法であることを明確に読者に伝える書き方をする必要があります。そして心理学上でのマインド・コントロールの定義は必要であろう、という程度の事は最低限、書くべきだと思います。

私は、もし仮に「マインド・コントロール」というレッテルを貼られた時に、心理学の専門家がいない状態で、誰が本当の意味での治療をしてくれるのか、科学的に見て「マインド・コントロール」の状態ではなくなったと判断できる心理学者が居ない状態になった時のことを想像すると、本当に恐ろしいと感じます。

ほぼまちがいなく法律家や弁護士は、いったん「マインドコントロール」のレッテルをはった人間を、治療することは出来ないだろうと思います、

弁護士には法的な紛争の解決はできるが、心の治療はできないのだと、謙虚に自覚する心を持つべきです。しかるに、実態はどうでしょうか。

そう思えないという方は「マインド・コントロール」というタイトルの入った本を適当に探して、実際に読んでみて下さい。おそらくどこが問題なのか分かるはずです。(具体的な書籍名を明記したほうが良いのかもしれませんが、それでは、また私が他人様に噛み付くことになりますので、本日(2013年12月13日)はこの表現にとどめさせて下さい)


ここまで書いてしまった以上は、曖昧な表現のままでいることは出来ないように思いますので、いずれきちんとした記事を書きます。ただ、今わたしは疲れていますので休憩を最優先にします。近日中に書くのは無理です。

ちょいとばかり、ファンサイトの雰囲気ぶちこわしの、異常に感じられる文章を書く結果になってしまいました。私は適当に休憩を取りながら、このブログを書いていきます。自分が無理をしていると感じた時は、人から何を言われようと、この基本だけは崩さないことにします。


当面、私はファン感謝DAYでの、淳子姉さんの歌とトークのことを書きません。

「ファン感謝DAY」については、私はもう自分が本当に書きたいと思ったことは全て書いてしまったのです。

それに、他のブログで書かれている内容で、もう殆ど全ての方が満足されているように思えますし、
私自身も、もう充分な情報が提供されていると思います。
私が無理をしてまで、付け加えるほどの事もないだろうと思います。

多分、以上の説明で、このブログを読んでくださるみなさんが不安に思うことは無いだろうと思うのですが、
もう少し説明したほうが親切かな、と思った時には、あらためて追記、修正などなど、していきたいと思います。

もしこのブログの更新が無い状態が長く続いた場合は、「飛鳥野妹子は適当に休んでいるんだな」、と思ってやって下さい。


本当にファンサイトの雰囲気ぶちこわしですね。悩むほど考えた事が無駄だったとは思っておりませんが、ファンサイトの雰囲気はぶちこわしてしまいました。その点だけは、オラの大失敗です。ごめんね~



※(ブログ内の、誤字脱字の類の間違いは、見つけるたびに予告なく修正します)

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : お知らせです。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。