スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエイト調整とボイストレーニングに励む桜田淳子さんへ

今日の記事は大した意味はなく、ただ辛気臭い記事を下に送っておきたいというだけのことである。ちょっとしばらくブログの更新ができないかもしれないので、その間、目障りな記事が直下にあるのは、なんとも我慢がならないということで。

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマソングの吹奏楽版
いまさらな感じですが、だいたい桜田淳子ファンなんてのは流行に疎いのが多いから、すいませんです。

■NHK連続テレビ小説「あまちゃん」オープニングテーマ
※テレビのオリジナルのテーマソングの演奏とは異なります

このテーマソングの作曲者で「あまちゃん」の音楽担当の大友良英さんは1959年の生まれ。多分80年代アイドルより70年代アイドルに興味を持った世代のはず。

この演奏は、ネット上でも評判が良いほうで、オリジナルよりもちょっとアップテンポで演奏しているところがお気に入り。見たところ演奏者は30人から35人程度だが、音に厚みがあってなかなか良いです。

この映像へのコメントは、とても褒めているものが大部分だが、一部、ケチを付けているコメントもあって面白いです。とくにケチを付けているコメントが、ひねくれ根性まるだしでみっともないところが可笑しいです。
この演奏は、ヘッドホンステレオでなく、スピーカーで再生したほうが本来の魅力が出ます。それほど大きなスピーカーでなくても、ヘッドホンで聞くより、とくに低音部の厚みがはっきり出るので、よりいっそう演奏の魅力が引き立ちます。

この人数の演奏で、けっこうな迫力が出ているので、いっそのことN響に演奏してもらったら楽しかろうに。

写真1                      写真2
NONEN_131121_01   NONEN_131121_02
あまちゃんの主演女優 能年玲奈さんは役柄で顔がかわるのが不思議な魅力。
ドラマの中でなぜか写真1から写真2の顔に。どんなドラマなんだろうと興味を引かれたことから「あまちゃん」にのめりこんでいった。
私には写真2の能年玲奈さんの顔が桜田淳子の顔にちょっと似ているように見えてしまいました。眉毛が自然、目が大きいところが、16才になったころの淳子ちゃんに似ているような・・・

写真3                      写真4
HASHIMOTO_131121_01  JUNKO_131121_01
写真3は、東北育ちなのに全く訛らない美少女ユイを演じた橋本愛さん。アイドル志望の東北育ちの訛ってない美少女なんて桜田淳子以外に考えられなかった。

写真2の能年玲奈さんと、写真3の橋本愛さんの顔、を足して2で割ると、桜田淳子さん(写真4)みたいになるような気が・・・・勝手にそう思い込んで、すこしずつドラマを見るようになった。これは2人の全く別のタイプの桜田淳子のドラマなんだと、勝手な解釈をして見るようになる。

特集番組や総集編を見てみると、とてつもなく面白かった。一見80年代アイドルの話に見えるけど、80年代アイドルの前に70年代アイドルがいた、ということがきちんと押さえられて作られていることもわかった。80年代アイドルの原点は、70年代アイドルの、花の中3トリオ、森昌子、桜田淳子、山口百恵の登場が画期となっているというのがNHK出版から出ている雑誌「NHKドラマガイド あまちゃん Part2」での解釈。

そんな私の個人的な興味とは別に、ドラマ自体がとても力のある作品であることが分かって、もっとドラマのディテールを見たいと思うようになりました。 DVDが全巻欲しいけど、買うのはちょっと大変だなあ。どうしよう。

脚本の宮藤官九郎さんは1970年の生まれなので、80年代アイドルに夢中になった世代だけれど、スタッフには様々な年齢層の人がいる。音楽担当の大友良英さんは間違いなく?70年代アイドル派だろう(多分・・・)

ある一時期にアイドルに夢中になる、というのは世代を超えた共通体験なのかもしれないです。

核となる登場人物を宮藤官九郎さんが描くと、スタッフはノリノリで、その人物に肉付けをしていったようだ。いろんな世代が楽しめるような作りにしようとスタッフは考えていたようだけど、素材が「アイドル」だったから上手くいったのかもしれないです。


さて、桜田淳子さんは11月26日の博品館メインイベントに向けて、ウェイトの調整中。当日までにどこまで体を絞ってくる事ができるでしょうか。食欲と闘いながらの減量はきついからにゃー(本当に無理しないでね)。 あわせてボイストレーニングもやっているとのこと。調整が上手くいけば1曲くらいは、歌を披露してくれるつもりらしい(ブランクが長いから、こちらも大変だ)。

私も来るメインイベントに向けて、体調を整えておかなければなりません。くたびれて公演が始まったとたんに爆睡、なんてことになったら、それこそたいへんだ。(けっこうマジです)


ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

自分の記事に自分でコメント

桜田淳子さん、元アイドル級の選手としては、確かに少し体重オーバーぎみです。計量でひっかかるかもしれませんが、博品館のメインイベントは特別試合ですからね。ファンとしては、体に悪いことを無理してやってもらうのは、心苦しいです。

急激に体重落としすぎてスタミナ切れにならないように注意してもらいたいです。

先は長いんですから。吉永小百合さんや酒井和歌子さんなんて、いまだにキレイなんだから、それよりずっと若い淳子ちゃんなら、まだまだいけます。

このイベントが終わったら、焼肉、腹いっぱい食べましょう! な~んてお誘いできる身分なら、良かったのになあ~

それにしても、淳子ちゃんがちょっと太ったら、芸能界復帰を諦めて気が緩んだ激太りだ!と言ったかと思えば、芸能界復帰をずっと狙っていたとも言うし、矛盾したことを平気で言う人が多すぎるよな~。

そういう人は、自分意見の矛盾に気がついていない愚か者か、とにかく桜田淳子に嫌がらせをしたいか、どちらかでしょう。

ずっと芸能界復帰を狙っていたなら、このタイミングで、ちょっと体重オーバーになっているというのも変でしょう?

私は、淳子ちゃんが芸能界復帰をずっと虎視眈々と狙っていて、相澤会長が亡くなったとたんに、なしくずし的に復帰しようとしている、なんて、見当違いで、矛盾した、見方だと思いますけどねえ。

くたびれてバクスィ~!?

おこんばんは。“雛菊”、“菊菊”、“良く菊”でース!(*^^)vサイン

も、もうすぐに迫ってきましたね。妹子さんが。・・・違うか!(笑)
何かジョジョに奇妙な冒険....じゃなく緊張してきている私です。

26日は夜勤明けの出動なので、僕の方こそ始まった途端夢の中・・・
なんてならないでしょうが、疲れた顔してるかも。

淳子さんにばったり会ったら結構なお年の人に見られちゃうかもな。
ハハハ \(//∇//)\

まあ、余計な妄想ばかりしております。
26日以降は桜田淳子さんに対して、今までと同じなのか、また違った感情になるのかな?16才の感情・・なんてね。

Re:くたびれてバクスィ~!?

桜えび さん、おはようございます。

「くたびれて爆睡」は自分のために書いたところもありますが、桜えび さんが、かなりの強行軍でやってくるというんで、心配して書いたところもあります。

移動の列車?の中で、少し仮眠が取れるといいですね。

私は、自分が博品館の公演の後に、ロスト桜田淳子さん症候群にならないかと心配してます。

それはともかく、今日のサンケイスポーツ配信の記事、けっこう嬉しいことを書いていてくれて、わくわくですよ。情報通の桜えびさんのことだから、もうチェック済みかもしれないけど。

「桜田淳子、デビュー記念イベントで30年ぶりナマ歌披露か」
サンケイスポーツ 11月23日(土)7時0分配信

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000017-sanspo-musi

頭にhをつけてね(桜えびさんのマネしました)
アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。