スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドコントロール理論に懐疑的な私ですが・・・

最も疑問に思っている事は、いわゆる「マインドコントロール」が長期的に人の心をコントロールできるものだろうかという点です。「マインドコントロール」は新興宗教とからめて語られる事が多いのですが、一般のビジネス社会にも深く関係しています。「自己実現セミナー」みたいなものに参加すると、その人はギンギラギンになって帰ってくるそうですが、一週間くらいでもとに戻るそうです・・・

この問題については短時間で文章を書くことは無理なので、いずれ日を改めて書くことにしましょう。それに私自身もっとよく勉強しなければなりません。

ちょっと話題は横道にそれますが、今日もネット上では桜田淳子さんへの批判というより嫌がらせと言ったほうがよいと思われる記事が再生産(要するにコピペ)され続けていた。これが私の目には異常に映ります。

この執拗さは一体何なのだろう・・・。一方、桜田淳子批判ではなくて統一教会への問題点に重点を置いた記事はとても少ないのです。桜田淳子さんへの批判的な記事を書いている(というよりコピペを繰り返す)人たちは統一教会の問題点を世に問うよりも、桜田淳子イジメをやりたいだけではないのだろうか・・・。

弱いもの虐め・・・人間として最も恥ずかしい行為の一つだと私は思う。
「それが自分の職業であり、そうする以外に生きていく道が無いのだ」という悲しい業を背負っているなら見逃しておこうかという気持ちにもなるのですが・・・

情報操作の手法は昔も今も変わっていないように思う。それは情報を大量に流し続ける事。

検索エンジンに、質の低い情報を排除するアルゴリズムを取り入れるという・・・でも私が見る限り今の所あまり有効に機能していないようだ。

今日は仕事の合間に情報操作とかプロパガンダとかに関係する文書を読んでいた。昔はマスコミを統制できる立場の人だけが使える手法だったが、個人が簡単に情報発信できる時代になって、情報操作はいわば誰でもできるものに変わってしまった。それは悪い事ばかりではないのだが、悪用も出来る諸刃の剣みたいなものだ。

それにしても他人を中傷する記事を書き続ける人たち。こういう人たちは宗教団体に入るまでも無く洗脳されちゃってるように見えてくる。いったいマインドコントロールされているのはどっちなのだろうという思いまで持ってしまった私でありました。

今日の日記はこれでおしまい・・・。
明日も桜田淳子さんへの嫌がらせ記事が増殖しているのだろうか・・・ファンとしてはなんともユーウツ・・・

桜田淳子さんの一夜限りの<ファン感謝DAY>の開催のニュースはこちら
(ビクターエンタテインメントに繋がります)

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A000348.html?article=news3#news3

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

桜田淳子さんと統一教会

はじめまして。岐阜県にすむ49歳。桜田淳子のファンだった者です。今も憧れの女性ですかね。淳子さんが統一教会に入信された理由。それはデビュー前に親友からもらった手紙に「デビューを前に浮かれている姿が傲慢で例え芸能界で成功しても人間失格だ。」という言葉が彼女の心にあったのではと思います。大変真面目な彼女の心に重くのしかかっていたのではと思うのです。私も今も統一教会のかたと交流がありますし実は統一原理を信じている者ですから。しかし、それはマインドコントロールとは違う、私はあの統一原理は人間存在の意味のようなものへの問いかけではないかと思っています。自分とは?の問いかけを持った時、自分の意思ではどうにもならない人生に対する答えを人は宗教に求めるのではないでしょうか。今は統一教会も随分変わり緩やかな信仰を求めるようになっています。私が教会へ通っていた頃はそれはもう激しい教団だったと思います。私は結局、入信はしませんでしたが、私が自分を問う時、統一原理があるのは事実です。こういう私のようなのも、もしかしたらマインドコントロールに引っかかったと世間ではいうのかもしれませんね。しかし、桜田淳子さんもあの当時、人には言えない闇を抱えて過ごされていたのかもしれないと今は思います。「傲慢」「人間失格」13歳の少女にはあまりにも激しく重い言葉ではないでしょうか。統一教会に、対する世間の評価は当の本人には大した問題ではなかったと当時の私も感じていました。ようは自分が救われたと感じるか感じないか?だと私は思います。とりとめなく書いてしまいましたが。桜田淳子さんの1ファンとして、少し弁解してあげたくて。^_^

できるだけ誠実にお応えしたいと思いますが・・・

けんじさん、はじめまして。「統一原理を信じている」とお書きになったのは相当な覚悟があってのことだと思います。だから私もできるだけ誠実にお答えしようと思うのですが、正直なところ上手く私の考えをお伝えできるかどうか自信がありません。また確固たる考えを確立できているわけでもありません。どうかその点はご容赦を。

人間は何に対しても「理屈」や「意味」を求めたがる生きものだというのが私のつたない人間観であります。何とか理屈を付けて世の中を理解しようとする。何につけても「理解したい」という強い欲求を持っている。「理解」しなければいられない性質を持っている。単なる偶然が積み重なって今の結果があるのだという考え方はなかなか受け入れがたい傾向がある。それが人間という生きものだと考えています。

でも私は人生に意味を求めたり、自分の人生の意義は何か、とかを考えるのはタブーだと思っているのです。多くの人間が語り、求める「人生の意味」などというものは、おそらく存在しない。そして「人生の意味とは何か」とか「人は何のために生きるのか」について答えを求めて問いを続けると、おそらく納得できる答えは見つからず途方にくれるか、あるいは無理やり自分を納得させようとして偽りの答えを信じようとするようになるだろう・・・これが今の私の考え方です。「統一原理」については私は未だ語れるほど十分な勉強したことはありませんが、おそらく、いや、まちがいなく批判的な立場をとることになるであろうと思います。すいません・・・・。

桜田淳子さんは、かなり悩んでいたであろう、という点については同感ですね。何について悩んでいたのかは想像の域を出ませんのでここでは書かない事にします。ただデビュー前に親友からもらった手紙は彼女の人生において大きな重みをもった事は間違いないでしょうが、彼女は親友の厳しい言葉を、親友だからこそ言ってくれた有難い言葉だと受け止めていたのではないでしょうか・・・・

統一教会に入信しているのは彼女にとっての心の平穏が得られたからだろうと考えていますが、何ゆえ統一教会だったのか?今の私には想像もつきません。もし機会があるのなら、じっくり話を聞いてみたいとも思いますが、一般人の私にはそんなチャンスは無いでしょう。また彼女自身、私を納得させるような説明はできないのではないかとも思っています。

彼女の著書「アイスルジュンバン」ではマザー・テレサの話が出てきますね。彼女は純粋に、世界中の人々が幸せになってくれればいい、と考えているのだと思います。その考えには私も大賛成ですから、それ以上細かい事を聞かなくてもいいじゃないか、という気持ちもあります。私もできるだけ淳子ちゃんの立場で、ものを考えてあげたいと思っています。それから宗教を信じている人に対して偏見を持ちたくないという気持ちもありますね。これは私の努力目標です。まだまだ書き足りませんが、ひとまずお返事とさせて頂きます。また遊びに来て下さいね。

マインドコントロール

コメントに真摯に答えてくださってありがとうございます。宗教を信じるか信じないか。難しい問題もはらんでいますし、まして統一教会となると色々あるだろと思いますが、統一教会は世界が幸福なら私も幸福だと教えます。人のためになる事で自分が幸せになれる。そしてキリスト教では、人間は生まれながらに罪「原罪」を持って生まれてくる。そしてその罪は贖罪をして行く事や、「メシア」を信じ許される事て救われると教えます。桜田淳子さんもきっと正しく生きるには、人のために生きるとは、幸せに生きるとは、と言った人生に対する悩みや問いかけから統一教会に入信されたのもあるように私には思えます。芸能界に入る前に友人から言われた言葉は有難いと思うと同時に、人間失格にならない生き方とはと言う自らのあり方の問いになっていたと思うのです。そういう風に考えると彼女が統一教会に入信された事も私には良く理解できます。選ばれて芸能界で、あれよ、あれよと言う間に成功を収めると同時に自分一人でこうなったのではない。違和感があったと言われてましたよね。そんなところにも彼女の葛藤が伺えます。まあ、全ては私の想像ですけどね。しかし、原理と照らしてみるとこんな事を思わせてしまうんです。とにもかくにも、桜田淳子さんがまた一夜にしてもファンの前で歌うのはありがたいし嬉しいです。世間には統一教会というよりキリスト教と捉えてもらえたらいいなと思いますが、難しいですよね。統一教会を受け入れて欲しいとは言わないまでも彼女の葛藤は世間にも解ってもらいたいなと思います。^_^(全て想像ですけどね)人間には色々なタイプがあるのだと思いますが、何か拠り所が必要な人もいれば、そうでない人もいます。いろんな考えの人が居ても良いと思うのです。彼女には彼女にしかわからない何かがあったのでしょう。私も彼女から直接お話を聞ける立場ではありませんからなんとも言えないですが、彼女心を理解してあげる一助になればとお邪魔しました。

しばしお待ちを

けんじさん、こんにちは。
けんじさんからのコメント、何度も読み直しました。そしてけんじさんの「思い」が私なりに受けとめられたような気がします。
それについてお伝えするには、多くの字数を必要としそうですので、しばしお待ちを・・・。昨日はFM戸塚での桜田淳子特集を聴かなければなりませんでしたし、この3連休を使ってしなければならない私的な事もたくさんありますので、すぐにコメントをお返しできそうにありません。

でも、必ずコメントをお返ししますので。ちょっと時間を下さいね。また時々覗きに来て下さい。淳子ちゃんに関するごく私的な事を、これからもいろいろ書いていきますので。よろしくお願い致します。

No title

ありがとうございます。こうして桜田淳子さんの事を腹を割って話せる機会が嬉しいです。宜しくお願いします。

お待たせしてすいません

けんじさん、なかなかコメントが返せなくてすいません。
けっして忘れてるわけではないので、もう少しお待ち下さいね。
まじめな話だから、いいかげんに書けないんですよ。
明日も書けないかもしれないけど、ほんとに、もう少し時間を下さい、かならず自分の思いを伝えますので・・・

No title

はい。待ってます。

現時点でできる私の答えです

けんじさん、コメントへの返信、お待たせしてすいません。
あれから私もいろいろ記事を書く中で、一つ大きな心境の変化がありました。

「岩もあり 木の根もあれど さらさらと たださらさらと 水の流るる」という和歌をブログの中で引用したのですが、この歌をネットで検索すると、次のURLが検索されてきます。
ttp://www11.plala.or.jp/saihouji/houwa5.iwamoari.html
(※頭にhを付けて下さいね)
西法寺というお寺の住職の、法話の一つらしいです。
法話の全内容は上記URLにてご覧下さい。

私は以前、人生に意味なんて無いと思っている、と書きました。
でも、こういう風に考える事もできるのか、という文章が書かれていました。
それでちょっと考えが変わったんです。
-----------------------------------------------------
苦しい事に出会うと、自分だけかと思い僻んで、スネ言葉を口にするのだろうが(中略)耐え難い苦しみ、忍び難い悲しみの一つづつが、人間学校の進級試験である。
 いかなる難問題に出くわしても、狼狽せず、じっと落ち着いて工夫していると、良い答案を考え出すものである。一級ずつ進んで行くうち、ついには一本縄や二本縄ではピリッとも動かぬ境地に達し得て、ニコニコ笑いながら、もの慣れぬ下級生を導いてあげる身分になれたら、随分面白いことであろう。
 人生の面白味も、仏教の有り難味も、本当は老境に達してから初めて分かるのである。何にも分からぬ若いうちに人生を終わるのは惜しいことである。
 皆様どうぞ御身を大切にして、八十・九十まで生きて下さい。
-----------------------------------------------------

一方、人生の成功者が語る「人生の意味」というのは。好きな道に向かって全力で頑張れば夢は叶う、みたいなものが多いのですが、好きな道に向かうことが許されない者にとっては無意味な考え方です。好きな道に向かうことが許されない者、つまり私がそうでした。

でもこの世に生まれてくる後輩たち、つまり「もの慣れぬ下級生」には、同じことで悩む人が必ずいるだろう。もし自分が、いかなる難問題に出くわしても四苦八苦して良い答案を考え出して、人間学校を進級していけば、もの慣れぬ下級生を導いてあげることができるようになっているかもしれません。たしかにそれは随分面白いことであろうと思います。もちろん誰も私に教えを請うなんてことは無いかもしれないですよねえ。でもそれならそれでいいんです。自分は人間学校の進級試験をなんとか突破することができたんだと思えば充分満足できるかもしれません。とにかく人生の面白味は、本当は老境に達してから初めて分かるのかもしれません。

私は、はじめて宗教家にものを教えてもらう体験をしてしまいました。

桜田淳子さんも何かそんな体験をしたのかもしれないですよね。

さて、私は統一教会の統一原理を説明する動画を見たり、桜田淳子さんが統一教会の会報?かと思われる文書の中で、自分の考えを述べているものを読んだりしていました。

動画の視聴は、かなり負担を感じましたが、とにかく最後まで見てみました。

その感想ですが、目指すものは良いとして、理論の組み立て方が、非科学的で理解しがたい部分が多すぎて難儀しました。「非科学的な話」 これは統一教会に限らず、全ての宗教に共通してある部分ですよねえ。

けんじさんが教えてくれた話。
『キリスト教では、人間は生まれながらに罪「原罪」を持って生まれてくる。そしてその罪は贖罪をして行く事や、「メシア」を信じ許される事て救われると教えます。』

気を悪くなさらないで欲しいのですが、「人間は生まれながらに原罪を持って生まれてくる」なんて話は一般人に向かってしないほうがいいですよ、と私は思いました。

私の場合は、そう考える理由があるんだろう、と思って聴くことができますが、一般人にとっては「何言ってんだかぜんぜん分かんねえ」という話です。「人間は生まれながらに原罪を持って生まれてくる」なんて思想として健全ではないとさえ思われてしまうでしょう。私にしても「人間は生まれながらに原罪を持って生まれてくる」なんていう考え方は受け入れがたいものがあります、とても健全な思想とは思えないというのが正直なところです。

でもキリスト教では、そのように考えるのか、というレベルでは受け入れることはできます。一般人にこんな話をしても真面目に聞いてもらえないから、言うべき人を選ばなければなりません。「相手のモノサシに合わせて話をしないと失敗します」

桜田淳子さんは、多分、そのことも良く分かっていて、普通の場(統一教会の中以外)では、そんな発言はしていませんよね。それが一番だと思います。

最近ネットの世界では「桜田淳子は芸能界に復帰するなら、公の場で謝罪しろ」なんてことが書かれていますよね。でも、私はこんな状況で、そもそも芸能界に復帰するわけでもないのに、謝罪の会見なんてする必要など無いと思っています。どうせ「謝罪しろ」と言っている連中は、真面目に彼女の話を聞く気なんて無いんですから。しかも宗教の話となれば、どうしても非科学的な話をせざるを得ない場合が多いでしょう。そんな話を、しかも最初から真面目に話しを聞く気がない連中に向かってしてもバカ扱いされて終わりです。それこそバカバカしいことです。

なぜ統一教会でなければならなかったのか、という疑問はあいかわらず残ります。たしか、桜田淳子さんは「アニーよ銃をとれ」の成功で有頂天になっていた時に、お姉さんから「感謝して忘れてしまいなさい」と言われたんでしたよね。まあ、なかなか的を得た話がいろいろとあったんでしょう。

文鮮明をお父様と呼び、お父様はメシアであるといい、統一原理は真理であるといい、祝福は正しい結婚であるといい、昨年私はお父様に素晴らしい相対者を選んでいただくことができました、という話は、一般人のモノサシからみれば、気持ちの悪い感情を抱く話であろうと思います。でもあれは統一教会の中和新聞の中だから、あれでいいんです。
おそらく統一教会以外の場では、あんな言い方はしないでしょう。
それに選んでもらった人が本当に素晴らしい人だったのかもしれないですよねえ。

一般人は、結婚相手は、恋愛かお見合いで選ぶもんだという考え方をするのが普通ですが、相手の選び方は、それが全てであるとも言い切れないです。

他人からは「お前もマインドコントロールの罠にはまったな」と言われてしまいそうですが、せめて頭のおかしい人みたいな扱いを受けないように気をつけます。

やはり最後には文鮮明がどんな人物であるかとか、統一教会の被害者の会をどのように救うのかというところが問題になると思います。

一番円満な解決方法は統一教会が、一般の人からも、まともな教団だという評価を得る事でしょうが、このハードルは恐ろしく高いと思います。

私は、少なくとも、信者となった人の家族をトラブルに巻き込むような教団であってはいけないと思っています。たとえば、自分の財産を全て教団に寄付するなんてことは、やらないほうがいいんです。こんなことをすると、本来法律上の相続権のある人や、その財産がないと生活を続けるのが難しい人たちと必ずトラブルを起こします。

私は趣味で仏像を買ったりする関係から、奈良の骨董屋さんとも付き合いがあります。骨董屋の親父はこんな話をします。奈良には天理教という有名は宗教団体がありますが、ここの活動の良いところを認めつつも、批判的でもあります。つまり先にあげたような全財産を寄付するにしても、その金を躊躇することなく受け取ってしまうようです。

多額の寄付があった場合、「この金はどういう種類の金ですか?」と確認する新興宗教団体なんて無いかもしれませんよね。私はできることなら「こういう種類のお金は受け取れません。まずあなたが世話になった人たちのために使いなさい。それでもお金が余って使い道が無いというなら、改めて来て下さい。その時のお話の内容で、またどうするか考えましょう」と一喝して受け取らない、というくらいの厳しさが欲しいと思っています。統一教会に限らず、他の新興宗教団体も、そのレベルまで行くのは、相当難しいと思います。

もちろん統一教会被害者の会とも和解できるような対応策を、統一教会側は取らなければならないでしょう。

統一教会と桜田淳子さんとファンが円満に共存できて、そして一般の人も納得させるレベルに統一教会が変わることができれば一番良いのですが。

とにかく私は桜田淳子さんの考えをできるだけ理解するように頑張ってみようと思います。どこまで真実に迫れるかぜんぜん分かりませんけど。まあ気負わずに頑張ります。

また遊びに来て下さい。今後もよろしくお願い致します。
でも、わたしのところにこんな話をしに来たのは何故ですか?
私が良かった理由を教えてもらえませんか?
アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。