スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山野草と生け花

古美術を飾るには、生け花が良く似合う。
そんなことから、草花に興味を持つようになった。

お茶会の時に使う「茶花」というものがあるのを知って、
お茶花に使える植物とか、和風な雰囲気の花を庭に植える事にした。

毎日の世話が充分にできないので、
手間がかからない丈夫な植物で、美しく、和の雰囲気で、生け花に向く植物が理想。
しかも、一年中花を切らすことなく咲かせるように植物を選ぼうとすると、
そんな都合の良い植物は、案外、数が少ない事に気がついた。

最初は、道端に自生している植物を、根から掘り出して、
鉢で育てていたが、それだけでは間にあわないので、
園芸店でも買うようになった。

しかし園芸店の植物は、西洋風ガーデンに似合う植物が主流のようだ。
和風の植物は、苗木屋さんのほうが手に入りやすい。
ただ、そこでも、人気のある植物は、わりとすぐ売れてしまう。

植物を買うには、どうしても欲しいものは、見つけたらすぐに買わないと売切れてしまう。
時期を逃すと、手に入れるのは難しいのだ。

写真は、ユキノシタという山野草の生け花。
こんなきれいな花が咲くなんて知らなかった。
雪の下の生花

ユキノシタは育てやすい植物だそうで、下に記すような性質を持つ。

ユキノシタ科 ユキノシタ属
耐寒性・耐暑性・耐陰性・常緑多年草(宿根草)
花期:5-7月  花株丈:15-30cm
日陰で咲かせる花  日陰グランドカバー
冬期もきれいな緑の葉・株姿ですごします


「宿根草の庭・多年草の庭」から引用。
http://cheersfl.kt.fc2.com/

「ユキノシタの説明」
http://cheersfl.kt.fc2.com/gallerye.html

ユキノシタ・・・ある人から貰って、庭に植えたのだが、夏の炎天下で枯らしてしまった。
山野草の店でも売っていたのだが、買い逃した。

生け花は、花を育てるのも、生けるのも難しい。
花の咲く時期は限られているし、生けるとすぐに枯れてしまう。
枯れたら次の花を取れるほどの量は育てられない。
それには広大な庭が必要です。

庭で咲いた花を一本手折って生ける・・・なんて生活に憧れてたんだけど。

風流な生活をするのは、やはり大変だ。
茶道の家元さんみたいに、家に広い庭がないと、植物の供給自体が無理だ。
しかも、そんな庭を手入れするのは仕事を抱えている身分では駄目だ。
庭師が雇えるような身分でないと出来ない。(庭師に手入れしてもらわなきゃ)

結局、そんな生活は金持ちの道楽なのかなあ。

茶道の世界の「侘び、寂び」を生活に取り入れようとしたけど、幻想だったのか。
そんな生活、本当はものすごくお金と暇がある人でないと出来ないよ・・・

茶道・・・金持ちの自己満足な道楽!! と決め付けてしまう私は愚か者?

関連記事:
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%B8%C5%C8%FE%BD%D1

ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。