スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークは淳子の季節。どこかにお出かけしたいなあ

ゴールデンウィークといえば桜田淳子ちゃんの映画の封切りの季節。
ちかごろでは、映画館といえば、みんなシネコンになってしまったが、
わずかに名画座という特殊な空間が残されている。
入れ替えなしの2本立て形式。その気になれば一日中居られる。
映画好きには悪くない時間だ。
今年も映画でも見に行きたいですねぇ~

おや?そこにいるのは岸田三成さま?
KISHIDA_SHIN_01


きや~!あこがれの円谷プロ俳優、ナンバーワンの岸田三成さま!

こんな特集、私が見に行って大丈夫なのだろうか?
見に行く人なんて、おじさんばっかりじゃないの?
今どきこんな特殊な映画館、名画座とポルノ映画館くらいのもんだよ。
襲われたらどうしよう~?

今、やっている映画はこんな雰囲気なのだろうか?
愛の嵐の中で・・・


桜田淳子と岸田森とペギラが、同時に出てきたような岸田さまの怪演、ガチで怖いよ。
もう~! 岸田さまってば~♡

でも私、忙しいとかなんとか言いながら、けっきょく淳子ちゃんのこと書いてるじゃん・・・
あんまり凝った映像は作れないけどね。
ひとまずこれにて、ゆる~く公開。

(5月3日追記)
リアルタイムトーク!!
太川陽介さんが、朝のTBSの阿川佐和子さんの番組に出演していました。
「僕が仕事がぜんぜん無くなっちゃった時、うちの亡くなった事務所の社長がバーター(※1)が嫌いで、聖子ちゃんが売れてるのに、番組に出させてくれなかったんですよ!」
そうなんだ~!
Thanks40のこと、また書きたくなっちゃった。

※1 バーターとは所属事務所のタレントさんがある番組に出演依頼があると、売れていない同じ事務所のタレントさんも抱き合わせで出演させるようにすること。

(5月5日追記)
この建物、知ってる?
GAS_MAN_01
レトロな雰囲気がたまりませんね~ あ!ガス人間第一号がいる!

5月5日午後追記
そうです、ここはすべてのバランスが崩れた恐るべき世界の、上野の東京国立博物館の裏手に今も現存する、国立国会図書館の上野分館なのであります。1960年(昭和35年)公開の映画「ガス人間第一号」に登場するガス人間さんは、ここにお勤めしていたのです。そしてウルトラQの第5話「ペギラが来た!」でペギラが登場するシーンに使われていたBGMはウルトラQのBGMとして作曲されたものではなく「ガス人間第一号」のために作曲されたBGMなのであった。ウルトラQのBGMではないため、ウルトラQのBGM集のCDを購入しても聞くことができないのであった。

「桜田淳子とペギラが来た」のタイトルに食いついてきてくれた人には、
こんな解説は不要ですよね~

そしてこの記事のバカバカしい動画につけたBGMは、ペギラが登場するシーンに使われた曲、つまりガス人間第一号のBGMなのであった。曲の後半にかぶせたペギラの鳴声は「ペギラが来た!」の続編「東京氷河期」で使われた鳴声である。バラゴンとゴジラの鳴声を足して2で割ったような声。ガス人間第一号のBGM集のCDは現在も販売中なので、そのままBGMを使ったら怒られるかなと思って、無理やり鳴声を挿入したのであったのであった。

悲劇の改造人間、ガス人間第一号さんはマッチならぬライターの発火とSF映画的なトリックによって大爆発をおこして滅んでしまいます(多分・・・もしかしたら生き残って今でもどこかでひっそりと暮らしているかもしれません)

ガス人間第一号さん、もし生きていたとしても、こんなマッチ箱を見せられたら
「もうあんな大爆発はごめんだぜ」と言うかもしれませんね。
GAS_MAN_02
それとも「あ~ウナギ食いてえ!」と言うのだろうか。

あ~上野に行ってウナギ食べたい・・・
マッチ箱の記載によると、このお店、割烹もやってるんだってよ。
創業260年? 本当みたいです。
ネットにいろいろ情報のってます。

5月6日追記
今年のゴールデンウィークの締めくくりはコレでした。
UNIDON_02
ウナ丼ではなくウニ丼でした。
北三陸鉄道のウニ丼ではなく北海道のウニ丼ですが。

写真は”雰囲気”です。

本当は下の画像のような感じのウニ丼が食べたかったのですが。
UNIDON_04

生のウニだけがのっている純粋のウニ丼を食べたのは今回がはじめてでした。自分はいままであまり質の良いウニを食べた事がなかったみたいで、自分の知っているウニの味とはぜんぜん違う味で、「生ぐささ」の全く無いウニの味には、かなり驚いてしまいました。今まで自分が食べていたウニはなんだったんだ、と、ちょっと恥ずかしい・・・

最後にちょとかわいらしいところも見せておかねばということで、
これもシメのスイーツです。
SWEETS_01
「スイーツ?」 すかしてんじゃねえよ。お菓子と言え!

以上、食べ物自慢でした。



※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

花の中三トリオで桜田淳子ちゃん祭り

やっと桜田淳子ちゃん祭りの「第2弾」であります。
というわけで、こ~んな動画を作ってみました。
もう見ちゃった人は飽きちゃったかな?

■花の中三トリオメドレーと桜田淳子ちゃんのおしゃべり


12分を越える、見るのがとっても面倒くさい動画。
見てくれる人の忍耐力を無視して自分の作りたいように作ってしまったので、こんなことになってしまいました。

せっかく再生してくれても最後まで見ることが出来ないでスルーしてしまう人も多いかと思いますので、この動画の構成を簡単に紹介しておきますね。

1.森昌子さんの歌
2.山口百恵さんの歌
3.桜田淳子さんの歌
4.桜田淳子さんのおしゃべり

それぞれのパートがだいたい3分あるので、全体で約12分となっています。

作った側として一番聞いて欲しいのは、
そうね~・・・やっぱり4番目の「桜田淳子さんのおしゃべり」かな?

でも、全部のパートが聞き所があると思って作ったので全部見てくれるとありがたいですね。全体的に「春」をイメージして作っています。 春の3月から4月にかけては卒業式やら転校やら、入学式やら転校先での始業式やらで、別れの寂しさと新天地での新しい生活への期待と不安が入り混じった、なんともいえない季節ですよね。

そんな雰囲気が出せたらいいな、と思って作ってみました。
使っている映像にはぜんぜん新鮮味が無いけどね。

新しい映像を使うのって、静止画を使うにしてもとっても大変で、数分の動画を作るのにも、けっこう大量の画像が必要になるんです。出し惜しみしながら使っていかないと、すぐ底をついちゃうので、最後のパート4にだけ、集中的に静止画を使ってみました。

淳子ちゃんのおしゃべり。ちょっと「あまがみちゃん」だったり、母音の「い」と「え」が入れ替わったり、母音の発音が全体的に「あいまい音」になったりする、日本海側特有の?なまりが出ているんでないかい?みたいなところも聞いていて楽しいんじゃないかな~と思います。

※「あまがみちゃん」とは 下記URLで(4月20日追記)
■能年玲奈のGIRLS LOCKS! 2013 05 27 早口言葉に挑戦するあまがみちゃん
https://www.youtube.com/watch?v=La-XpHW2COg

15才の桜田淳子ちゃんが、" ぬうぐるみ " のお人形でいっぱいのお部屋から「あなた」と、はじめてのおしゃべりをしてくれた気分になって、とっても幸せになれますよ!

さて「先取り企画」のつもりで進めてきた「桜田淳子ちゃん祭り」ですが、次の「先取り」をやろうとすると、五月の節句になりますね。 でもそろそろ、他の記事も書きたいので、桜田淳子ちゃん祭りは第2弾をもって、ひとまず終了ということにさせて頂きます。第3弾は、やるかどうか分からないです。

でも五月の節句というと、もう今ごろは、ゴールデンウィークも近づいてきて、お菓子屋さんでは「かしわ餅」がいっぱい売ってるし、ちょうど「今」なんですよね。

なのでこの画像を添えておきましょう。
お雛様をバックにした、幼い日の淳子ちゃんです。
JUNKO_20140418_03
(撮影時期不明。3歳になる1か月くらい前かな?)

五月の節句のカブトが欲しいなんて、趣味が合いますねえ!
私も今、ちょうど五月の節句のカブトを家に飾っているので、ちょっと画像を載せようと思ったのですが、撮影するのが、面倒だったので、後で追加しておきます。
淳子ちゃんの欲しかったカブトはこんな感じなのかな~と勝手に想像しています。

淳子ちゃんが欲しかったカブトの想像図(2014/4/20追加)
KABUTO_20140420_01

KABUTO_20140420_03
ダースベイダーみたいでカッコイイでしょ?

さらに追記
さっき(2014年4月20日放送)日本テレビ系の「波瀾爆笑」を見ていたら80年代アイドル?の森口博子さんが、子供時代は「チビッ子のど自慢あらし」で、桜田淳子さんの「黄色いリボン」を歌っている映像が流れました。びっくりした~! やっぱり80年代にアイドルを目指した子たちは、淳子ちゃんをお手本にしていたんだべ!


※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ
文字色

テーマ : アイドルみなさん
ジャンル : アイドル・芸能

桜田淳子とタモリの下ネタを超越した関係

桜田淳子ちゃん祭りの 第1.51弾!!

「第2弾」は、もう少しきちんとした形でやります。
今回は強烈に下品な話なので、さらにマイナーバージョンにして、
第1.51弾です。

これは私が、タモリさんが桜田淳子さんのファンであると知った時の話です。

それは私がタモリさんのオールナイトニッポンを聴いていた時に、
唐突に始められた話であった。

私の記憶の中にだけ、残っている話なので、不正確なところが多々あるでしょうが、
間違いを恐れずに公開してしまいましょう。

以下、タモリさんが唐突に始めた話の内容です。

--------------------------------------------------------
その時、俺は、楽屋でやることが無いんで、仲間と遊んでたんだよ。
もう楽屋なんで、裸になったりしてムチャクチャやって、
ヌードモデルみたいなことしてたの。

それで、股間にあそこを挟んたりしてたんだよね。

男が股間にあそこを挟んだ状態を前から見るとどうなりますか。

もう「女」でございますよねえ。

誰も来ないと思ってやってたんだけど、
そこをジュンコに見られた!

あ、しまった!と思ったんだけど、もう遅かった。

あれは本当に失敗したなあ。

他の女に見られてもどうってことは無いんでございますけど、
ジュンコにだけは見られたくなかった。
ジュンコに見られたってのは本当にショックで、本当に落ち込んで・・・・

・・・・ウソだウソだウソだ。この話は全部ウソだよ。
そんなこと、するわけないじゃない。

え?スタッフも俺のこと変な目で見てるけど、なんでよ?!!
ちょっと! 違うよ。本当にウソだよ・・・・・
--------------------------------------------------------
※上記の点線内は「タモリのオールナイトニッポン」でのトーク。
 放送時期は不明。

もう私は、この話を聴いていて、おかしくておかしくて、仕様がなくて、
翌日も、その笑いがおさまらず、ずっと思い出し笑いをしていました。

そして、「へえ~タモリって桜田淳子が好きなんだ」と思って、
私は自信がつきました。

私が、この子は!と見込んで大ファンになった桜田淳子さんが、
このころ(タモリのオールナイトニッポンの放送時)は、
すっかり山口百恵さんに、人気の上で追い抜かれた状態で、
「自分には見る眼がなかったのかな」なんて自信を無くしていた頃だったのですが、
同じく私がこの人なら!と見込んだタモリさんが、
桜田淳子さんのファンだということを知って本当に嬉しかったですね。

ちなみに桜田淳子さんも自身の番組セイヤングで、
タモリさんが自分のファンであることを語っています。
そのリンクはこちら

http://www.youtube.com/watch?v=gwr9qVtyEA4

でも。淳子ちゃんはタモリさんが、こんな下ネタで淳子ちゃんのファンであることを
語っていたのを知っていたのだろうか・・・・

さすがに、このタモリさんの話は、
下品すぎて、変体すぎて、いまだに慣れることができません。

「タモリって凄い異常神経だ」
「こんな話、たとえ作り話でも、恥ずかしくて、自分はとても出来ない」

今でもそう思っていて、ずっと封印したネタになっていました。

でも、今日は「笑っていいとも グランドフィナーレ」放送の翌日、
ということで、タモリさんが披露した、桜田淳子さんをネタにした、
最低な下ネタを発表できる、ぎりぎりのタイミングだと思って書いてみました。


この下品な話に、清らかな淳子ちゃんの画像は添えたくないので、
今回はタモリさんの画像でいきます。

「笑っていいとも グランドフィナーレ」での、
ちょっと変体に写っている?タモリさんの映像
TAMORI_01_20140401

テレビ画面をデジカメで撮影したものです。
2時間10分の番組を全部録画したのですが、
PCに取り込むのが、手間がかかるので、手抜きの画像です。
だって、めんどくさいんだもん。

下品な話だと分かって書いているので、
淳子ちゃんのファンの人は、怒りのコメントを書き込まないで下さいね。
それに私が言ったのではなくて、タモリさんが話した事なんだから。

つづく(つづかないかもしれない)

■ブログ内の関連リンクはこちら
今日は観仏三昧
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/blog-entry-140.html

このリンク先は、ぜんぜん関係ない話なのに、こんな話に関連しているなんて意外ですよ。

※文中の敬称は適当に省略しました。
※ブログ内の、誤字脱字の類の間違い、表現に不満を感じた部分は見つけるたびに予告なく修正します。


ブログ トップへ
文字色

テーマ : 笑っていいとも!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。