スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い人 淳子ちゃん版と小百合ちゃん版 どっちが好き?

桜田淳子さんは東宝で「若い人」という映画を撮っている。
「若い人」は吉永小百合さんの作品もあり、どちらかというと吉永さんの「若い人」のほうが世間一般の評価が高いような印象を私は持っている。で、私自身はどちらが好きかというと・・・答えられないのです。両方とも観ていないので・・・。

淳子ちゃんのファンの間では当然、淳子ちゃん主演のほうが良いと言われている。小百合ちゃんのファンなら、当然、吉永さんのほうが良いという。ある小百合ちゃんのファンサイトでは桜田淳子版は「失敗作」とまで書かれていた。

私は観ていないと書いたが、桜田淳子さんの「若い人」は、これも昨年(2008年)にYouTubeにアップされていた。その時に、実は少しだけ観た。そして・・・頭を抱えてしまった。「これは・・・失敗作なんじゃないだろうか・・・」 少なくとも私の好みの映画ではない。淳子ちゃんがまた泣いている。泣きっぱなしの映画。どうして、こんなに泣かせたいのか。70年代とはそういう時代だったのか?

淳子バージョンのほうが原作のイメージに近いという声がある。そうかもしれない。でも映画と小説は別物だ。原作に近いから面白い映画になるというわけではない。

淳子ちゃん主演で「若い人」を撮ることが決まって、吉永小百合さんにはかつて小百合版「若い人」で浅丘ルリ子さんが演じた橋本先生を演じて欲しいとオファーがあり、吉永さんも大乗り気で脚本を読んでみたのだが、その脚本に失望し、橋本先生役を断り、原作にも無い役を演じたという。これはいったいどういうことか・・・

淳子ちゃんは女優としても凄い才能を持っていたのに主演映画には恵まれなかったと私は思っている。企画と脚本、演出が、どうにも・・・良くない。 山口百恵さんは映画もシリーズ化され、森昌子さんも「どんぐりッ子」という佳作を撮っているのに、それにひきかえ淳子ちゃんの映画はどうもねえ。淳子ファンとしては残念だ。

小百合ちゃんバージョンの「若い人」の予告編がYouTubeにあったので観てみた。予告編をみるかぎり、小百合ちゃんバージョンのほうが、私の好みにあっているかもしれない・・・。

若い人 予告編 1962年公開 監督:西河克巳 日活


原作より映画のほうがずっと良いと思った作品がもう一つある。「風林火山」 三船敏郎の演じた山本勘助は堂々たる軍師だったが、井上靖の原作ではなんとなく陰気くさい人物に描かれていた。映画では脚本の橋本忍と国弘威雄によって、男性的な力強い人物に作り変えられていた。もちろん三船が演じる山本勘助だから、ということもあっただろうが。

風林火山 予告編 1969年公開 監督:稲垣浩 三船プロ


まあ、個人的な好みの問題ですが。
私の好みでいうと、こういう雰囲気のほうが好きだということです。


サイト内 関連情報 「桜田淳子」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。


外部 関連サイト
"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

桜田淳子イズム
http://www.harumacky.com/

吉永小百合ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fwhj5337/

三船敏郎 公式ページ
http://www.mifuneproductions.co.jp/mifune.html


ブログ トップへ
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

真如苑の大日如来騒動 悪者を簡単に作ってはいけない

運慶の真作とみられる木造の大日如来像がクリスティーズでオークションにかけられ、真如苑という宗教団体が14億円で落札した騒動を覚えている方は多いと思う。

その時は「日本の文化財を海外流出させるのはけしからん」とか「オーナーだった人は重要文化財の指定に同意せず、海外流出もいとわずオークションに出し大儲けをした」とか、いろいろな批判が飛び交った。それはいまでも続いている。

大日如来像 東京国立博物館にて撮影
真如苑_大日如来01

真如苑_大日如来02

しかし、仏像好きの私が足で調べた情報では、こうした批判を簡単にするわけにはいかない事情が何かあったようなのだ。

私が調べたところでは、このオーナーは文化庁に買い上げを求め、文化庁も有識者に諮問して具体的な買い上げの金額まで決めていたらしい。その金額はオークションでの落札金額よりも高かったようだ。ところが、この仏像を買えない理由が生じたのか、文化庁での購入は中止となった。

文化庁が文化財を購入するとき、購入の対象から除外する、いくつかの基準があるらしい。もっともわかりやすい例をあげると、借金の差し押さえ物件になっているものは、たとえそれが文化財として大変価値のあるものでも絶対に購入しないそうだ。

この大日如来の場合、何かそのような文化庁の購入基準にふれるような事情があったらしいのだ。この大日如来を売った骨董屋はこの仏像を北関東のある土地で入手したと言った。そこはどこなのか。実はこの仏像を所有していたのは、とある寺で、その寺の名前はわかっているらしい。そのお寺は金融資産の運用に失敗して、廃寺となってしまった。それは、さほど昔の話ではないそうだ。

この仏像は来歴に問題があったようだ。所有していた寺はわかっている。しかし、その仏像が骨董屋の手に渡っているのに売却の記録もなく盗難届けも出ていない。骨董業界では盗品は売ることが出来きない。盗品とわかったら無償で元の持ち主に返還しなければならない。しかるにこの仏像は、裏の世界で売却されたのではなく、その個人が正当な手段で購入したものだ。

重要文化財の指定に協力しなかったとして、この元オーナーを批判する意見は多い。でも、何か公に出来ない理由で、やむなくオークションへ出品したか、あるいは、真如苑が落札する話がすでに決まった上でオークションという場を借りて、売却した・・・どうも真相はそんな話らしい。ただし、この話には憶測も含まれているので、その点は差し引いて受け取ってもらいたい。

この大日如来像を直近で所有していたお寺の名前は私も知らない。

「○○らしい」とか「○○のようだ」という表現の多い記事で申し訳ない。

ただ、この仏像の元所有者の個人のかたは、上記のような事情があったことを考えると、「文化財を金儲けの道具に使い、海外流出も厭わなかったひどい奴」というような言われ方をされて、お気の毒だと思う。

このブログには「桜田淳子とその仲間たち」という副題をつけている。その意味は、ただ単に「私の頭の中で考えている事」というような意味なのだが、今回は、他人を批判するときは、軽率に面白半分でやってはいけないという思いで、この記事を書いた。

桜田淳子さんが統一教会の信者であることを公表して合同結婚式という形で結婚をしたとき、マスコミは桜田淳子さんを袋叩きにして芸能界から葬り去った。あの時のマスコミの対応は妥当だったのかという疑問を今も抱いている私は、悪者を間単に作ってしまうマスコミ、それ以上に、一般人の単純すぎるものの見方にも反省するべきところが多くあると感じている。(かなり偉そうなことを書いてしまった・・・)

インターネットが発達したといっても、個人の情報ソースはマスコミの提供する情報に、あいかわらず大きく依存している。一般市民は私も含めて、あいかわらず無知だ。知らないこと、知らされていないことが多すぎる。この大日如来騒動もその一つだ。

「七度探して人を疑え」というが、軽率に他人を悪者にしたてあげることは慎みたいものだ。

最後に誤解されると困るので一言書いておきます。
このブログと筆者は真如苑、統一教会、その他の宗教団体との利害関係は一切ありません。

サイト内 関連情報 「仏像」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%CA%A9%C1%FC
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。

ブログ トップへ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

桜田淳子 「声の手紙」についての再考 普遍的なるもの 2

桜田淳子さんの「声の手紙」については、きちんとした文章でまとめておきたいので、時間の無いときに拙速に書きたくない。この土日はそれを書くだけの気力が無く、またブログの更新が遅れてしまった。

近日中にまとまった記事にするつもりですが、今日はまだ出来ません。

でも要点だけ簡単に書いておきたい。

私が何かを掴めた気がしたのは「変わらないこと」を「普遍的なるもの」と読み替えてみたときに、この淳子さんのナレーション(モノローグ monologueと言うべきかもしれないが)の後半部分の、やや謎めいて聞こえる言葉の意味が、かなりはっきりしてくるのではないか、ということでした。

淳子さんさんは「普遍であるべきもの」を大切にして、「普遍的なものを追求していきたい」という想いをこの独白に込めたのであって、「私は変わらない」と頑なな姿勢を表明したのではないはずだという事を感じたのです。

ましてや十数年ぶりに、公の場で自らの声で、ファン(あるいは広く一般の人)に届けるメッセージとして、統一教会から脱会しない、などというメッセージを選ぶはずが無い。結果的にそうなった(脱会しない)としても、教会から脱会するとかしないとかという事は表面的で形式的な問題のはずで、そのような次元の話を、発言する機会も滅多に無い淳子さんが、このメッセージの主題に選ぶはずがない、という事を私は言いたかった。

彼女のこのメッセージは、もっと素朴で純粋な思いから出ている。 きっとそうに違いないんだ。

変わらないことは貴い・・・以下の「変わらないこと」を「普遍的なもの」とか「いつの時代でも通用する真理」とか「人としてあるべき姿」という言葉に置き換えてみる。

普遍的なもの、真理、人間としてのあるべき姿、こうしたものは全て貴く、潔く(自分の心に反するところが無いという意味で)、強く、清らか・・・

そんな事を考えてみて、やっと分かった気がする。淳子さんが「変わらないことは美しい。私は、そうあり続けたい」と語った意味が。

彼女は「I do not change」 と言いたいのではなく I want to be universal. と言いたかったのではないか・・・

今日は時間も無く、まとまりの無い文章で、へたくそな表現しかできないけれど、この「声の手紙」について感想とか評論を、まとまった形で書いている文章を、未だ見たことが無いので、私なりの感想を書いてみました。

・・・もうちょっとカッコよく書きたいなぁ・・・文章を推敲して再チャレンジ、というところですね。


サイト内 関連情報 「桜田淳子」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。


外部 関連サイト
"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

桜田淳子イズム
http://www.harumacky.com/

ブログ トップへ

テーマ : いま想うこと
ジャンル : 日記

桜田淳子 「声の手紙」についての再考 普遍的なるもの 1

桜田淳子さんの「声の手紙」、みなさんは自然に受け入れられましたか?
メッセージの意味を、どう受け取ったらいいのか、とまどった方はいませんか?

私は実は、聴いた直後はメッセージの真意が分からないと感じたのです。
前半の部分は、よく分かるの話なのですが、
後半の部分が難しかった。「変わらないことは美しい」とはどういうことか?

そこで・・・
桜田淳子さんの「声の手紙」についての再考した文章を載せようとしたら、
誤動作で記事が消えてしまった!!! 気張って書いたのに、すべてがパ~・・・

先週の金曜日の深夜の出来事でした。

力尽きたので、今日は声の手紙の本文だけ書き起こし。
やっとの思いで書きました。

再考は後の記事で。
週末にならないと書けないかな・・・

あ~あ、もう死にそう・・・

声の手紙


今から三十数年前のこと、
故郷を離れる日に親友から分厚い封筒を受け取った
その手紙には こう書かれていた

”最近までのあなたは、スターになれるということで浮かれているように見えた
その態度からは傲慢さがうかがえて、友達としてはいたたまれなかった
そのような傲慢を改めなければ もし仮にこの先あなたが有名になれたとしても
人間としては失格だ”

刃のような言葉が私の胸を突き刺した

傲慢・・・人間失格・・・

あまりの衝撃にめまいすら感じ倒れてしまいそうになった
あとは手紙を握り締めながら その場でしゃくりあげながら泣いた

それは「親友に対して あまりじゃないの」という涙ではなく
もっとも信頼していた友の目に
それほどまでに醜く映っていた自分だったのかという
悔しく そして 自分が情けないという涙だった

良い心と書いて「良心」という
人には誰しも良心がある
だから親友の言葉は私の心に深く響いてならなかったのだと思う
あのときの事を 今でもけっして忘れることができない



それからずっと私の心の中で頑なに守ってきたものがある
それは
「人として変わらないということ」
「普遍(不変)であり続けるということ」

14歳の少女が
いきなり栄光の座をつかみ周囲の賛美を欲しいままにした
出会う大人たちからは頭を下げられ
毎日 日本中のファンからは熱い声援を送られる
下手をしたら 自分が特別な存在に思え
ともすれば それが全て自分の力と勘違いを
おこしてしまいそうな環境に置かれた日々

でも・・・私の中で・・・かすかだけれど・・・いつも
「これはどう考えてもおかしい・・・何か不自然だ」
そんな思いが付きまとい
違和感を持つことが出来た自分が居た

それはデビュー前に親友から贈られた
強烈な手紙のおかげだったのではないかと思う



今あらためて紙ジャケットに映し出された表情の数々を見てみる
そしてアルバムに収められた一つ一つの作品に静かに寄り添ってみる
おそらくこんなに真剣に自分の音楽と向き合ったことがないというほど
丁寧に、丁寧に、真剣に、全ての音を聴いた

表現力は年齢とともに変化をみせてはいるものの
メッセージするものは少しも変わっていないことに気づかされた


変わらないことは貴い(尊い)

変わらないことは潔い

変わらないことは強い

変わらないことは清い


時代とともに変わって行くものがある
周囲の環境も変化して行く
けれど・・・変わらないから美しいものがある


変わらないことは・・・美しい
私は そうあり続けたい

                     桜田淳子



サイト内 関連情報 「桜田淳子」で検索
http://hanakaikou.blog68.fc2.com/?q=%BA%F9%C5%C4%BD%DF%BB%D2
※キーワードが適当でない時は画面右上の「サイト内検索」をご利用下さい。


外部 関連サイト
"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

桜田淳子イズム
http://www.harumacky.com/

ブログ トップへ

テーマ : いま想うこと
ジャンル : 日記

今日は山口百恵さんが引退した日・・・憶えてないよ~

昌子ちゃんの誕生日を忘れていたと記事に書いた次の日(10月15日)が百恵さんが引退した日だったなんて、私は世間から遅れっぱなしだ。
もう白状しちゃうけど、HP「ひぐらしの鳴くとき」の掲示板で知った。
日本テレビのお昼の番組「おもいっきりDON!」ではその当時の映像や森昌子さんのコメントが流れたそうだ。ありがたいことにHPの管理人さんは、森昌子さんのコメントを書き起こしてくれていた。

以下引用

昌 「昌子ちゃん、って呼んでもいいですか?」っていう感じで、
  え~っ?!同い年だもん、いいじゃない?っていう話で・・・

  「昌子ちゃんがスター誕生出て、合格したのを見て、
   あっ、同い年の子が出て、合格してるんだから、
   私にもチャンスがあるかも?って思って応募して出たんです」

(デビュー曲が売れず、大胆な過激路線「青い果実」を打ち出したとき)
昌 すごく彼女は、割り切って歌ってましたし、
  私が、ふざけて冗談で・・・私には、こういう歌、歌えないわよね~?と聞いたら、
  「まあ、無理ね」ってひと言われましたけどね・・・(笑)

・・・中略・・・

(近況は?)
昌 今でもメールでやりとりしたりとか・・・兄弟ですね


引用はここまで。

嬉しかったのは、中3トリオ、今でも仲良しじゃないの、と確認できたこと。
世間には「中三トリオは虚像だ、作られたものだ」なんて話が出てくることがありましたからね。

淳子ちゃんは、宗教関係の問題でマスコミの一部と関係がこじれてしまったから、なかなか公の場に出てくることは難しいのだろうけど、きっと今でも同じだと信じています。「変わらないから美しいものがある」 たしか淳子さんはそう言っていた。

そう、この世には美しいものがある!

私の頭の中で中三トリオの3人が結びついて感動してしまった。

山口百恵さんのデビュー当時の歌声、森昌子さんのデビュー5周年番組の映像、桜田淳子さんの「声の手紙」を3連発で引用・・・いろんな事があったなあ、ちょっぴり泣けてくる・・・

山口百恵がデビュー曲を唄ってるTV録音


森昌子 デビュー5周年記念番組 美空ひばりメドレー


森昌子 デビュー5周年記念番組
お母さんから昌子ちゃんへ贈られたメッセージ



桜田淳子
デビュー当時から現在までを振り返る 声の手紙



外部 関連サイト
「ひぐらしの鳴くとき」
http://www.sunfield.ne.jp/~iwashaki/index.html


森昌子公式ホームページ
http://morimasako.jp/

森昌子ファンサイト「思い出そして未来へ」
http://reidiary.hp.infoseek.co.jp/

"My Pure Lady" 桜田淳子資料館
http://sakuradajunko.web.fc2.com/andelsen/index.html

桜田淳子イズム
http://www.harumacky.com/

ブログ トップへ

テーマ : それさえも貴き日々で
ジャンル : 日記

アクセス数
プロフィール

飛鳥野妹子

Author:飛鳥野妹子
このハニワ、私です
(この花は私です)
わははははははーっ
よろしくね♪

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アフィリエイト
エステプラソン『最新エステ1000円』キャンペーン!
カテゴリ
全記事タイトル一覧

ここをクリックすると全記事のタイトルを一覧表示します

サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー広告
アフィリエイト・SEO対策
Amazon商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。